河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

きたかみ都市ブランド推進フォーラム

今日は浜松から岩手県北上へ日帰り往復。自宅最寄り駅から浜松駅への往復もカウントすると、1,498kmを1日で鉄路移動であります。

きたかみ都市ブランド推進フォーラムでパネルディスカッションモデレーターを務めてきました。
今日のフォーラムの目玉は、ブランドメッセージロゴの発表。
市民による各所での6000票余にのぼる投票の結果、北上で美しく咲くあじさいに舞う人物がモチーフされた、美しいロゴが最優秀となりました。
北上では既にブランドメッセージとして
・メインメッセージ
KitaComing!北上市
・サブメッセージ
やっぱり、北上だよね。
・ボディコピー
世界中のどこよりも、あなたにいちばん愛されるまちでありたい。
世界中の誰よりも、このまちで暮らすあなたと未来を歩みたい。
いつまでも誇れる北上のために、もっとふるさとに溶け込もう、飛び込もう。
一人ひとりの北上愛が、自慢のまちをつくる力になるから。
が、これもサポーター付き総選挙の結果として定められています。

この「サポーター付き」と言う特徴は市民の当事者化にとって特筆すべきもの。
そして、メッセージを明らかにして市民の気持ちを盛り上げた上で、続けて、ロゴを定めていくという二段階ロケット方式も、市民の意欲を持続的に確保していくために有効です。

実際にも、ロゴ選定の投票には、メッセージの時よりさらに多くの投票数がありました。
今日のお披露目にも、地元の新聞、テレビの取材もあり、地域の関係者や議員、職員、市民からも参加がありました^_^
パネルでは、このロゴをどのように活用することで、さまざまな意味で(まだ一度も来ていない人ですら)「【帰ってきたくなる】まち」を実現するのか、人育ちや「まち育て」をどのように行なっていくかを、市長もパネリストの一人として議論しました。

北上市のシティプロモーションには、もちろん、これからの部分もたくさんあります。
戦略指針の在り方や、ブランド浸透、インターナルコミュニケーションなどなど。
そんな意見交換も、フォーラム終了後に担当部局や受託業者さんと話し合うことができたのはよかったなと思っています。
  1. 2017/07/17(月) 23:29:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新著と小平市

土日は自宅でした。
土曜は家事以外はいくつかの事務仕事。

日曜は
新著『「失敗」からひも解くシティプロモーション』について
・「はしがき」で「失敗」の意味を再確認したうえで、上から降ってくる「正解」ではなく、まちに関わる人を持続的に幸せにすることに繋がるのかの検証による「成功」を求める必要性を指摘し、
・最終章でポートランド及びニューカッスルアポンタイン&ゲーツヘッドから学べることとしての
①まちにとってのビッグ・ピクチュアの必要
②ビッグ・ピクチュアと個人の暮らしを繋ぐ物語の必要
③まちの「空気」「雰囲気」への想像力とリ・ブランド
④エンジェル・エフェクトに示されるまちを語るための楔(クサビ)の必要
⑤楔(クサビ)を刺しこむまちの歴史・時層を想起させる仕掛けの意義
について言及しつつ、追加執筆し、

新編著『クチコミ 炎上から沸騰へ』(仮)の担当章について、
・志布志市の動画が生まれざるを得ない状況を地方創生という考え方の偏りに求めつつ、
・ブランドアドボケイツの役割として「炭鉱のカナリア」と「ファイアマン」に求める内容をさらに強化・補正したこと
をメインに、

『シティプロモーションでまちを変える』の読者という方からの問い合わせ手紙への返信も。
那須塩原市の事例に関心があるとのことで、その意義などについて記しました。

で、金曜日には、小平市に行ってまいりました。
小平市には畏友も多いのですが、神山さんや高木さんにもお会いでき、平櫛田中弁当もいただいて嬉しいかぎり。
仕事はシティプロモーションと戦略広報についての若手プロジェクトチームへの研修。
ちょっと駆け足でしたが、なんらか意義あれば嬉しく。

その後、静岡県庁の若い友人とモルトバーサウスパークへ。少し久しぶり。
堪能しました。コールバーンとマドックモアというあまり一般的ではない醸造所の十分に熟した味わい。僅かに口に含むだけで、ふぅっと身体の強張りが解ける気がしました。
  1. 2017/07/17(月) 23:27:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

港まちポットラックビル

昨日は名古屋へ。
メインは大相撲名古屋場所観覧のつもりでしたが、仕事にとって大きな意義を持ったのが、名古屋市の港まちづくり協議会のある港まちポットラックビル。

ここで、1990年代に石川県鶴来地区で行われた、当初は現代美術家ヤン・フートを迎え、後期にはアートインレジデンスも加えてのアートフェスティバルのアーカイブ展
現在、雨後の筍のように生まれている、地域を舞台にしたアートフェスの嚆矢とも言える取り組みか。
鶴来をきっかけに何人かの美術家がそだち、うまれてはいるようだ。
また、アートフェスをきっかけに、当時、まちのなかで、さまざまな話し合いもあったようだ。
そのことが今、まちにとってどのような意味を持っているのか。
例えば、同じ石川県内の金沢現代美術館を鍵にする、まちの文化的な雰囲気を、地域間・時層間で受け渡していくようなポジションを持っているのか。
また、この鶴来アートフェスアーカイブ展を行なう3階の下、2階に展示されている、港まちづくり協議会の過去の取り組みも、連携して興味深い。
まちに刺さっている数多くの棘を、どう意識化し、今のまちを考えるときに意義を持たせるのか。いろいろと考える事も多い。
ま、なんのかんの言っても、結局は遊んでるだけではある。
  1. 2017/07/13(木) 23:24:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

シティプロモーション施策が依るべきロジックモデル

今日は、研究休暇である春セメスターで、自主的に定めている週一回の出校日。水曜日にゼミナール相当の時間を作って、学生たちの研究支援をしている。
その午前に来客対応をすることが多い。

今日は静岡県袋井市さんと、東京都八王子市さんが相前後して、シティプロモーション関連のご相談で来室。
それぞれの議論の端緒や経路は違うけれど、
結局のところ、アイデアや先行事例や何かやってる感があるにとどまる協議会めいたものやワークショップめいたものを個々に行っていくのではなく、
庁内や市民と共有可能な、シティプロモーション施策が依るべきロジックモデルを明確にすることが、まずは先行的に大事なのではと話しあう。
そのことが最も合理的かつPDCA可能な取り組みを実現させるよね、という話に着地する。減らせる仕事は減らそうよ、という話でもある。

朝が野菜ジュースとヨーグルト。昼が野菜ジュースとウィダーインゼリー。珈琲たくさん。夜にざるそば。この時間に少々空腹である。
  1. 2017/07/12(水) 23:22:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

埼玉県久喜市

今日は埼玉県久喜市へ。
久喜市で開かれた埼玉県市議会議長会第4区議長会 議員研修会で話してきた。

研修講演ではなく、舞台型の講演になると、どうも芝居がかった語りになるのは、自分ながら面白い。
声をどこで弱め、どこで強めるのか。どこで一拍置いて、注視させるのかとかね。
まぁ、そのぐらい考えないと、大きな舞台では他人事になっちゃうから。

ところで、この前に久喜駅を通り過ぎて花崎駅へ行ってきた。花崎駅から、炎天を20分も歩いて、サトエ記念21世紀美術館へ。
これ、埼玉栄高等学校や平成国際大学をたちあげた方のコレクションを基礎としているらしい。この方は、藍綬褒章をもらっているんだが、一方で巨額脱税で指弾もされてる。
まぁ、ありがちかなあと思っちゃう。
しかし、美術館での1時間半の間、私以外に誰も来なかった美術館だけど、中身はいいです。見応えあります。
おすすめです。ただし、車のほうがいいかと。
  1. 2017/07/11(火) 23:21:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。