河井孝仁のシティプロモーション日記とか

朝からシャープじゃない感じ。

遊びまわってるからか、肩から背中が凝ってるかな。
朝からシャープじゃない感じ。
火曜日のゼミ後にたこ焼きパーティー🎉
ゼミ生からの誕生日プレゼントってことで、腰揉みクッションをもらった(^^)
今日、研究室で背中にあててみようか。
火水の授業は学部・大学院とも予習前提のディスカッション中心にして楽しくやれてる。あ、私としては。学生は…楽しいに違いない。キリッ。
まぁ、教科書に使った『シティプロモーションでまちを変える』に2箇所も誤植を発見して、いまひとつ気分としてはよくないが。
水曜日。板橋区立文化会館で小三治一門の落語会。
小三治は好きな噺家で、重鎮も重鎮というわけだが、生の落語会や寄席にはあまり行けてない身としては、むしろ年齢なりの衰えみたいなものを感じてしまう。
昨日は朝、天王洲のセントラルタワー・アートホールで、『小林雅子展 MASAKO KOBAYASHI EXHBITION「あなたのために用意された物語」 “A story prepared for you”』を鑑賞。
本を材料にした立体作品。雰囲気よかった。想像力を刺激されるいい作品たち。これから注目の作家さんだと思う。
近くのカフェで、滋賀県湖南市役所の方と会う。シティプロモーションについて相談したいとのことだったので、1時間ほど議論。ま、よかったんじゃないかな。次に繋がる話ができた。
その後に、品川のストリングスホテルのダイナーで友人とランチ。楽しく過ごす。
早めに別れたので、時間が余る。
次の予定の足利市への道程である上野、上野の森美術館で『怖い絵』展をやっていることを思い出して。とぼとぼ出かける。
平日昼間、大雨というシチュエーションで、これだけ列を作ってるとは!
ここまでの中野京子さんの力もあるし、展覧会の作り方として、上手だとは思っていたが。
当然、館内も混雑なので、イヤホンガイドの作品をピックアップして長めに、矯めつ眇めつ鑑賞。
やはり、レディ・ジェーンは前評判通り。
その他、セイレーンなんかも素敵である。
一方でドガ「踊り子」のような「実は…怖い」という作品はあまりなかったかも。
足利市へ。足利市シティプロモーション推進協議会にアドバイザーとして参加。
足利市のブランド構築に向けた面白い議論をサポートできたのでは。
帰路、横浜馬車道までは辿り着き、宿泊。
松井今朝子の吉原遊郭モノを続けて読んだのだが、複層的でありつつ、江戸風俗についての学びにもなり、エンタテイメントとしてもきっちりしてて、面白かった。
  1. 2017/10/20(金) 23:53:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨夜は大学から虎ノ門ヒルズへ。

昨夜は大学から虎ノ門ヒルズへ。
WOMJメソッド委員会。ソーシャルメディアに関わる炎上をテーマとした書籍、その内容をモチーフにしたクチコミフェスタでのセッション内容について議論。
日本では「炎上」と呼ばれる状況を英語ではcontroversy(論争)と表現することを契機に、ブランドに心構えや覚悟のないまま、シェアを得ようとすることの愚かさなどについて意見交換。
短時間だが新たな気づきとなった。
その後に四川料理店で皆と飲む。
今日午前は千葉市美術館で鈴木春信の錦絵。
春信の頃の浮世絵って、人物の顔がみんな同じに見えて、そんなに惹かれないんだが、今回は、「絵暦」とか「見立て」とかという仕掛けによって、愉しく鑑賞できた。
キュレーションの力だよね。
見立てなんて、鑑賞者の文化的素養を試してる訳で、試された側も素知らぬ顔してめちゃ学んでる訳なんだろうし。そのあたり、静かな戦いだよなとか思う。
午後からは四街道市で語ってきた。「千葉いちば」っていうのかな。千葉県に関わりのある公務員の方を中心にした自主勉強会。
しっかり聞いていただき、ありがとうございました😊
まぁ、私の話よりも四街道市の齋藤さんの話が心に沁みた。いつもながら、いい内容。
終了後にカジュアルなピザ&パスタ店で皆で飲む。
  1. 2017/10/14(土) 23:54:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昨日から今日にかけて水戸

昨日から今日にかけて水戸。
水戸芸術館近くの昭和テイストの渋い蕎麦屋「萬庵」で、彩りが美しく味もいい納豆そばを食べ、ユナイテッド・シネマ水戸で『ユリゴコロ』を鑑賞し、駅ホームの蕎麦屋で、こちらは温かい納豆そばを食べてきた(^^)
ユリゴコロ。当日の最終回上映を見ていたのは、私を含めて6人だけ(*゚▽゚*)
なかなか凄い映画だった。
絶対ありえないだろうシチュエーションを設定することで限界的な状況を作り出し、愛とか人間とか死とか痛みとか親子とかを「蒸留」させて、観客に突きつけてくる。
だから「こんなことはありえない」とかは完全に空振った批判になる。このあたりは歌舞伎とかと同じようだなあと。
あ、仕事です。茨城県内市町13名の皆さんと、シティプロモーション研修。9:30-16:30のまるまる一泊二日でやれると丁寧なワークが可能なので、講師としても「やった」感がある。
特に、発表以上に重要な、振り返りのための共有やピア評価がしっかりできることは、学びに繋がりやすいと思っているが。
  1. 2017/10/12(木) 23:09:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魅力度調査

魅力度調査とか言うのがあるわけで、茨城県が47位とか。まぁ、ネタとして使えるのかもしれんが、こんな大雑把な結果だけで右往左往するとか無意味というか有害だよね。例えばUNIQLOとヴィトンの魅力度とか比べるか?
  1. 2017/10/12(木) 23:08:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北九州市

北九州市以来まともな投稿をしてないわけだが。
北九州市では事前のロジなどで、あれ〜〜的な雰囲気のなか、当日はそれなりにご対応いただき、さらに、私としても渾身で講演を行い、なんとか薙ぎ倒すようにして、成果のある北九州行きにできたと考える。投げてしまわず、押し潰してでも訴求することで反応も得られる。
聴講された方々からもプラスの意見を得られ、まずは働けたんじゃないか。
北九州では市立美術館分館にて『広重ビビッド』展を観覧。「六十余州名所図会」「江戸名所百景」の初刷揃い物という豪勢な内容。広重、半端ねい。
北九州市から福岡空港に出て、仙台空港経由、仙山線・奥羽本線(山形線)で天童市へ。
ホテル着 0時45分。
翌日は、ふるさと納税東北サミットの二日めに参加。基調講演との依頼だが、私なんぞに基調講演とやらを頼むよりもということで、急遽、メディア活用戦略モデルのワークを中心に。
流石に時間切れで不十分なところもあっただろうが、一端は発揮できたんじゃないか。
伺った範囲では、それなりに好評でもあり。
天童では、広重美術館、天童市美術館、天童市将棋資料館、出羽桜美術館をはしご。
天童市でなぜ広重?というと、ここ、広重と昵懇の家臣がいて、藩財政の窮乏を広重の肉筆画が救ったとか。展覧されている作品はそれほどでもないが、初見もあったりで、楽しむ。
で、期待していなかった天童市美術館の吉野石膏コレクションは相当なもんですよ。日本近代洋画でこれだけ展覧するのはなかなかないんじゃないか。堪能。
将棋資料館でも楽しめた。
出羽桜美術館は小規模な日本家屋だが、例の広重肉筆画、天童広重が二幅。うん、確かに。
天童市から山形、高速バスで仙台へ。仙台空港から中部国際空港経由、名鉄、JRで浜松へ。着23:50。
日曜日はデスクワークと、父親との会食。
昨日は友人とワイン&フレンチ。その後に上野へ。都美術館の杉戸洋展をもう一度、見て、あとはふらふら。東京大空襲の慰霊碑がこんなところにあるんだなとか。
今日は午前7時前には研究室に入り、教務に勤しむ。その後は、地域メディア論・行政広報論・ゼミナールと叩き込んだ後に、再び教務のデスクワーク。来年度は組織変更(文学部から文化社会学部へ)にもともなうカリキュラム変更が大きく、それに合わせての時間割編成になんとか目処たて。
今、上野から特急にて水戸へ向かう。
  1. 2017/10/10(火) 23:10:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search