河井孝仁のシティプロモーション日記とか

虎ノ門ヒルズ

10375157_731281333580828_4512221704440067250_n.jpg


ブランドメッセージは斉唱されるのではなく、変奏され、協奏曲となり、豊かな意味を包み込むことで意義を持つ とか。

虎ノ門ヒルズに行ってきました
WOMJメソッド委員会。7/11のWOMJサミットのセッション打ち合わせ。
ADK、廣告社、ビルコムら広告企業の皆さんと流山市の河尻メディアプロモーション広報官によるパネルをモデレートします

そんななかでの一言。
ブランドメッセージが一方的に押しつけられるのではなく、それぞれの人々の生活や思いによって、それぞれの振れ幅を持って「変奏」され、あらためて編まれる機会を持つことで、協奏曲として美しい、あるいは活気ある旋律を奏でることができる。

その協奏曲が流れる街として、そこに暮らすことが静かな誇りにつながる。

シティプロモーションが成功すると言うことの一画はそこにあるような気がします。
おそらく、地域魅力創造サイクルとか言ってきたことがそこにあると。
  1. 2014/06/24(火) 15:15:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<河井ゼミのアクティビティ | ホーム | 公共コミュニケーション学会理事会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/983-935fdf05

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search