河井孝仁のシティプロモーション日記とか

シティプロモーションの目的

単に定住人口の増加や、交流人口の増加ではなく、
人口×(市民及び地域経営のステークホルダーの地域参画意欲)の掛け算の答えを最大化することが、シティプロモーションの目的ですわな。

人口が10%減少しても、残った市民、NPO、企業の地域への参画意欲が計20%アップすれば、掛け算の答えは増加する。

そうして、市民、NPO、企業の参画意欲が高まれば、公=役所の仕事だと思われてきたものが、市民発・企業発の力によって解決される。

やる気の出た市民による地域経済へのプラスの影響と人口減少によるマイナスの影響を差し引き、プラスになるのであれば、行政は仕事をしたことになる。

さらに、意欲を高めた市民・民間が従来は行政が担っていた仕事を代替するのであれば、行政経費は減少し、まちはシンプルにわかりやすく住み続けたい街になる。

ま、そんな話を白岡市で語ってきました。
  1. 2014/06/20(金) 00:35:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<松阪市地域づくり応援室コミュニケーション研修会 | ホーム | 宇都宮に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/980-f1522233

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search