河井孝仁のシティプロモーション日記とか

脳に汗をかく

10356360_708123742563254_809136575968769196_n.jpg








脳に汗をかいてもらおうかなと。

月曜日はプレゼンテーション基礎・応用。2限連続のセット授業ですな。
昨日は前半でパワポのアニメーション機能の基礎を。
次回は某企業の複雑なクレーム処理の過程を全てアニメーションで発表してもらいます。ま、宿題。

後半はロジカルシンキングの第一章。4人に、これも宿題で作ってきたまとめをグループプレゼンしてもらいます。
25分ほどで終わった発表に、今回聴講の受講生に質問を促し、大枠として詰めていきます。
「なぜ、この部分に、そのスライドが入っているのか説明してほしい」
「前のスライドとつながりが不明ではないか」

その上で、スライド1枚ごとに検討します。
「段階的に行動を促すという抽象的な内容はわかったので、それを掃除機を売るという具体的な場面に引きつけ、必要な部分は想定して、展開して。」
「二番目に期待する行動の『フィードバック』は具体的には、どうしたら引き出せる?。コーヒーメーカーの事例使って話して。」
「それでは、わからない。やり直して。」
「第一段階は素敵だが、次のステップが説明できてない、もう一度。」

などと、優しく授業を行いました。

で、書籍にある設題3問は宿題。
次回、当日指名した学生に発表を求めます。

あ、当然、次回の第二章の発表グループは、プレゼン用スライド作成、当日発表準備も宿題ですな。

軽く目が泳ぐ学生もいますが、けたけた笑いながらこなしてく学生も。

帰りの車内で、古井由吉『鐘の渡り』を再読了。
時空を超えた共鳴、共振が、さまざまに行われる文章。
長い一文と併せ、脳を掴まれるような、自ら揉み上げるような読書体験。
古井由吉ならではです。
  1. 2014/05/13(火) 17:52:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シティプロモーションの最近事情 | ホーム | 「人の思い」を育むことに注目した施策や取り組み>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/952-298ca694

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search