河井孝仁のシティプロモーション日記とか

アンドレアス・グルスキー展


2013年度も最終日ですな。一方で週初でもあり。

また、大学の新入生ガイダンスは4日なので、それまではモラトリアムぽくも。
今日は事務職員の方絡みでの引き継ぎで出校。

微妙な色合いの一日。

ということで、今日は、明日からの新年度の予行演習みたいな日にしようかと思ってます。

さて、昨日は朝の強風雨のなか、25分も歩いて大阪の国立国際美術館へ。

アンドレアス・グルスキー展。ドイツの写真家ですが、ずいぶんと濡れながら出かけた甲斐はありました。

以下はメモ。

異形反復。群化され矮化されることによって稀薄化されるはずの個々の「生」が《異形》反復されることによって、かえって個化、濃密化される。

巨視と微視。視点・視線・視座の強制変換。
手仕事・自己性に基づく「構成」への強い意志。

あわせて、郭徳俊の展観も。可笑しいけど苦しい作品が並んでいました。
収蔵作品のコレクション展もよかったですな。

  1. 2014/03/31(月) 16:19:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ブランドアドボケイツ | ホーム | 大阪府笑働シンポジウム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/921-f0c67b21

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search