河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ-写真であそぶ- とか

1453238_652202354822060_2084857950_n.jpg









東京都写真美術館へ。
まずは、カフェにて、ジャーナリスト楽校inこだいらのお二人と、2/22に行うセミナー打ち合わせ。

私からは、地域魅力創造サイクルとメディア活用戦略について述べつつ、それらを担う人々を「地域職人」(=地域における人・魅力・情報を編集し発火させる人)とすることの意義や仕組みなどを話したいと申し上げました。

楽しそうですね、ワクワクしますと言われて、喜んでいます。

続いて「植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ-写真であそぶ-」を鑑賞。
植田がラルティーグを高く評価しているとのことでしたが、素人見ではとても対照的でした。
植田の具体物から皮一枚浮遊して抽象化している作品と、ラルティーグの作品の多くは異なる印象。
過去の瞬間なのに「今」にも遍在しているように思われる植田の作品にある「ポーズ」の意味を考えさせられました。

麹町駅から都市センターホテルへ。
地域情報化アドバイザー全体会議に参加しました。
今の私の専門領域は、行政広報戦略やシティプロモーションになってます。
ICT活用を意味する「地域情報化」はツール。有用だがワンオブゼムという位置づけです。
そのためか、地域情報化の宣教師と言われる歴々のなかで、いささかアウェイ感も^^;
分科会では、震災・原発事故からの域外避難者への情報保障について、今日も拘って話してみました。
  1. 2014/01/22(水) 10:15:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<立川→川崎→赤坂 | ホーム | 流山市から東銀座へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/882-e20e0726

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。