河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

データジャーナリズムとアンバサダー・マーケティング)

大手町で、JCEJ 日本ジャーナリスト教育センターが主催する、データジャーナリズム海外視察報告会。司会進行とコーディネーターを務めてきました。

私としても、一部で取り沙汰されてるものの、まだジャーゴンぽいデータジャーナリズムって何?を参加者と共有しようという目論見でした。
で、私が報告者の議論を踏まえて、勝手に会場に提起した解釈。
現場の感覚で・眺めていたデータへのちょっとした違和感で・関係者からの情報で、問題意識が初発する。
→関連しそうなデータをオープンデータや開示請求により獲得する。
→データをより使えるようにユーティライズする。
→ユーティライズされたデータを用いて問題意識を客観的に裏打ちする
→記事を書く
→インフォグラフィックの手法でデータをわかりやすく読者に提起する
→当該データを様々に処理できるアプリを提供し、読者が内容を自分ごと化できるように支援する
→読者からの反応を取り込んで、記事を豊富化する。社会的な課題解決につなげる。
というものかと。

こうした複合的な作業が必要になることから、記者単独では困難になる。
編集・デザイナー・アナリスト・システムエンジニアの共同作業が求められるわけですな。

これは夜だったんですが、午後には東銀座でWOMJメソッド委員会なる集まり。
ソーシャルメディアを視野に、ブランド・アドボケート(アンバサダー・マーケティング)を、自治体で行うことの可能性について検討しました。
具体的なフィールドを決めて実証する方針。
面白くなりそうです。

ブランド・アドボケート(アンバサダー・マーケティング)については、こちら参照です。
今後、大学のwebメディア論でも資料として使いたいなと思ってます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4822249778

今日のWebメディア論、『グランズウェル』の輪読が内容ですが、既存のコミュニティがある場合に、敢えて企業運営のコミュニティを新設する意義として、早速、ブランドアドボケイツの発見や尊重、成長支援について言及してみました。納得感はあったみたい。
  1. 2013/10/24(木) 06:48:10|
  2. 研究会とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<富士宮市で3段グループワークをしようと思ったんですが | ホーム | 浅口市に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/861-520fb83c

河井孝仁

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。