河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

安城市とアニメビジエンス

安城市に出かけてきました。
2013年度安城市市民協働推進計画スタートアップ・プログラム「職員向け市民協働研修」(長い^^;)のおしごと。

行政広報やシティプロモーションを「協働」の視点から解釈して考え方を話させてもらいました。
話していて、改めて考えることも多かったんで、よかったなと。

ただ、事例のなかにNPOとかではない、行政と企業の連携の話も多く紹介したからか「企業への委託は協働?」というご質問をいただきました。

それに対して「協働かどうかという定義をすることには意味がないんじゃないかなあ。設定した領域(battle field)で、市民の長〜い幸せをつくるために、自らに弱点があるなら補完してもらえる相手を探す。その相手がNPOの時も、企業の時も、他の自治体の時も、個人の時もある。
見つけた相手に弱点があるなら自らの力で補完する、相手に弱点がないなら自分でやらず相手に任せるってことでどうでしょう。

もちろん、連携する時には、一方向な資源や知識の移転ではつまらなくて、さっき紹介したSECIモデルに言う暗黙知の共同化や形式知の連結化ができる場がつくれているかどうかって考えれば面白くなるんじゃない?」と大意、言ってしまう講師でよかったのかは疑問ですな。

これ、午後だったんですが、午前には安城駅近くの南吉館という場所に。
シンクタンクの方と田原市のシティセールスについて、ごにょごにょ。ここでも、どうしたら、あなたが楽しいのっていうような話。

前日は雑誌「アニメビジエンス」の原稿4000字。
聖地巡礼も絡めつつ、アニメコンテンツと地域「振興」について書きました。
使った発想は、地域魅力創造サイクルと、地域人材成長システムなるもの。
自分としては面白く書けたけど、編集さんのダメだし待ちであります。
  1. 2013/09/26(木) 09:37:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<e-society 2014 | ホーム | 社会情報学会 9/17>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/850-4ff4e5ae

河井孝仁

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。