河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ポータブル・ガバナンスとか

今日は18時過ぎから研究室に入りました。下校の皆さんとすれ違いつつ大学に向かうのも、それなりに哀感であるww
机の上でのお仕事のキーワードは、行政広報論、パートナーシップ大賞、レポート評価、ゼミナール。

そういえば、午前も自宅でデスクワーク。
そのときは、大学研究費・WOMマーケティングサミット2013・宇都宮市都市ブランド・公共コミュニケーション研究所・エディラボ(編集とは何かを考える研究会)などキーワードに5本ほどの業務。

午後には島田市のNPOクロスメディアしまだ。
島田市広報課長にも出席いただき、科研費のフィールド研究のご相談。
テーマは「市民個々の属性や関心に応じた総合的・横断的地域広報モデルの開発」ということになっております。
パーソナライズされた行政情報や地域情報をアンビエント(身の回り的・いつのまにか)に入手できてしまう仕組みを、タブレット端末やアプリなども視野に考えてみましょうという内容

編集という発想や、セレンディピティ(思わぬ出会い)などの鍵語も重要。
既存の子育てカレンダーのようなものとの違い~上に述べた非意図的なありようや、不意打ち性、先回り性、ソーシャル性などが重要かな。

このあたりは、いくつかの助成研究で提示した、東日本大震災や福島第一原発事故による域外避難者への情報保障を簡易に行う仕組みにも関わっているわけで。

ま、こんなそんなをポータブル・ガバナンス(携帯可能な共治・協治)という理念で提示したいなとか、考えてまっす。
  1. 2013/05/23(木) 20:41:05|
  2. 身の回り|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<基礎演習はゼミとメイちゃんの夢を見るか | ホーム | 行政広報の評価について ―広報しまだに寄せて- 広報会議2012年12月号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/841-cb1fced7

チャンルー ターコイズ

腕時計 ニクソン メンズ
  1. 2013/10/29(火) 21:37:30 |
  2. チャンルー ターコイズ

河井孝仁

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。