河井孝仁のシティプロモーション日記とか

東大阪市で

昨日は大阪商業大学で、東大阪市校区コミュニティ・コンダクター養成講座「これからの“まちづくり” まちづくり未来塾の修了式に参加してきました。

京橋の立ち食いうどん「麺家」で昼食のあと、会場に向かうため、おおさか東線というJR路線、「放出」という駅で乗り換えたんですが、これ「はなてん」って読むんですね。難読駅名でした。

この未来塾は、事務局をされているNPO地域情報支援ネットさんと懇意にしている縁での参加です。自治会・町会を基礎に考えつつ、そこにどのようにNPOを組み合わせていくのかという発想を持ち、自治会の情報活用支援を行っているところはとても勉強になります。

14時開始だったのですが、1時間間違えて12:40には会場入り、さすがに早すぎたので近隣をくるくる回ってみました。
なかなか面白い場所です。エンパイアならぬエムバイアパーキング、唐突に呼びかけらられるハロー コサカ(あ、コサカじゃなくカワイです)、『Now Fresh』 Mandaiと主張の強いスーパー(ただ、貼り紙などはほとんど、Mandaiとしか書かれていないので主張を弱めたのかも)、当時の思いをそこはかとなく感じるグランプリコースの描かれた錆びたシャッター、しかし、そんなものには負けない「やる気スイッチON」

肝心の未来塾修了式は、13組の研究発表があり4時間かかりました。発表では課題として、広報の充実とか、自治会のオープン化とか、情報発信の拡大とか、告知の工夫とかが多く語られました。私が参加する意味もあったかもしれません。

また「まちづくり」という言葉もよく分からないところがありますが、地域の人々が持続的に幸せになっていくまち、持続的な幸せを目指すことのできるまち、その基盤となる土木インフラ基盤・商業産業基盤・人のネットワーク基盤をつくっていくこととして捉えることができたのも収穫でした。

本来は懇親会に出られれば、私が伺った意味ももっと大きくなったんだと思うのですが、研究発表がずいぶんと長引いたこともあり、記念写真撮影だけで帰宅しました。夕飯は鶴橋駅「浪速そば」での立ち食いうどんでした。

まぁ、私の出番は5分だけだったので、前日の深夜高速バス入りから考えると交通機関込みで22時間で5分の仕事というのもなかなかのものかなとは思います^^;

東大阪にて
  1. 2012/12/24(月) 11:14:39|
  2. 歩き回り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<小松市に行ってきました | ホーム | 地域魅力のパッケージ化と包「装」 -『広報会議』2012年11月号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/837-138737b2

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search