河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

静岡未来とか

15日のお話

10時から静岡市にて
静岡県分野別広報アドバイザーのお仕事。
県庁にて、静岡県と県内大学生向けフリーペーパー「静岡時代」編集部とのコラボfacebookページ「静岡未来」https://www.facebook.com/shizuoka.mirai について意見交換。

・ロジックモデルを意識した目的志向の事業にするって大事。つまり「どうなると嬉しい」を明確にしておかないと、何やっているんだかわからなくなるよね。
・ソーシャルメディアは「人」が繋ぐという意味が強いので、組織発信にとどまらず、人を前面にだすことが望ましいんじゃないかなぁ。
・傾聴を十分に行うことで、当初のターゲット設定からのズレや拡張があるんなら、どうプラスに持っていくかを検討するとよいのでは。
など話しました。

と、書くと堅いけど、静岡時代編集部の学生OGのお二人が美しい方(←だから何だというツッコミは無し^^;)で、アドバイザーや広報課の方も含め、ざっくばらんな企画会議的な雰囲気でした^^

13時から島田市にて
島田市広報課さんと連携して毎月行っている行政広報棚卸。
今日はコミュニティFMのFM島田を行政広報メディアとして考えたときの強み弱み分析をまず実施。
それを基礎にFM島田の強みを生かした市との協働可能性を検討しました。

私案として作っている行政広報棚卸表に基づいて
FM島田のデモグラフィック・ジオグラフィック・サイコグラフィックそれぞれでのターゲティングを確認。
そのうえで、行政広報7つのフェイズ(傾聴・認知獲得・関心惹起・探索誘導・着地点整備・行動促進・情報共有支援)における、FM島田のパフォーマンスがどのようなものであるかを検討しました。
これらにより多様な可能性と課題が明らかになったと思います。

17時30分からは名古屋にて
NPOパートナーシップ・サポートセンターの理事会。時間としては3時間近くの議論で、なかなか深い内容だったと思います。

  1. 2012/11/17(土) 15:14:28|
  2. facebook|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<公平性とターゲティング -『広報会議』2012年10月号 | ホーム | 2・3・7・4を意識した戦略的な行政広報>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/833-84dca76b

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。