河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

福岡市シティプロモーションを現地で

昨週末からシティプロモーションを中心とした調査およびヒアリングのため福岡入りし、昨日朝に離福、そのまま大学に出校しました。

福岡の中国・韓国との関係の強さには改めて刮目しました。日曜日も2000人規模の中国クルーズ船が入り、市内で旺盛な買い物の様子。それを目当てに市内大型電器店では中国語の呼びかけが繰り返されていました。

4月末に運用開始した福岡市・西鉄・西日本高速バス連携によるオープントップバスも体験。福岡市の高島市長がアナウンサー出身ということもあって力を入れたとか、バスアナもとても上手に市内を紹介。再訪を誘うような内容や、「いつも、このお寺では手を振ってくれるんですよ」など市民のホスピタリティの高さを訴求するなど、よく考えられています。従来、市内中心街の魅力ポイントは十分に観光客には注目されていなかったこともあり、こうした企画を始めたとのこと。

全国的にも大きく報道された福岡市職員による飲酒の上での不祥事の処理のために、広報戦略課でのヒアリングは予定より短時間に終わってしまいましたが、庁内へのインナーコミュニケーションについての課題、シティプロモーション評価のあり方など議論ができて、有用でした。(別に、担当者の方がメチャ美人(◎^^◎)だったからではなく^^;)

福岡市役所のロビーおよび情報センターは出色。全市的に押し出しているデジタルサイネージも双方向性や使いたくなるアフォーダンスのあるデザインが目を惹きました。情報センターも「いつのまにか」福岡市の多様な現状に気に留めさせるチラシや書類配置もよく考えられています。
ちょうど、市提供の無料wifiについてのデジタルサイネージ番組の録画も行われていました。その場で質問させていただき、wifi提供についても目標が明確であることに納得できました。

観光ボランティアの方による1時間の市内観光も体験。福岡と博多の関係なども興味深く聞きましたが、祭をきっかけとした地域愛着が、行政などが行う地域講座によって深められ、イベントなどの機会を得て、積極的に福岡市をおすすめする気持ちになるという流れが今後の示唆になったと思います。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/promo/
ポータルサイトはもっと魅力的にはできそうですが。
  1. 2012/05/23(水) 07:28:44|
  2. 歩き回り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<名古屋地域プロモーションプロジェクト・ミンナゴ-『広報会議』2012年5月号 | ホーム | ポータブルガバメントという発想(2)-『広報会議』2012年4月号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/814-e7830e65

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。