河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『広報会議』2012年1月号(改)

だいぶ前の雑誌ですが『広報会議』1月号を読みました。
クノールカップスープの販促が、些細なことですが勉強になります。顧客の(スープに関わる)シーンについて想像力を働かせたうえで、そのシーンのままでは需要拡大が見込まれなければ、シーンのなかでの変奏や、(ゲーム的)対立軸を提示することで「『はっ』と」をつくることが心がけられています。
それにより、利益ではなく興味による気軽な動因が設計されていると考えられます。
同様に紹介されていたライオン・プラチアスの事例でも、今までの歯磨きに関わるコンテキストをずらし、発見を促しています。そのためにエビデンスを提示することで顧客の納得を得ていることも大事です。
はじめから突飛なシーンを提案するのではなく、当たり前なシーンを前提としての、挿入・転換・変奏が、顧客による発見を促しています
これらは、行政広報・NPO広報、特にいずれの広報にも必要なセレンディピティを活用した、いわば「市民(=地域経営への積極的参加者)創造」を可能にする広報手法として参考になると思いました。
  1. 2012/02/16(木) 19:08:18|
  2. tweet続き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<行政広報にとっての被災地瓦礫広域処理 | ホーム | 『広報会議』2012年1月号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/800-78144161

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。