河井孝仁のシティプロモーション日記とか

tweet続き120107

 MJ4日付け。(株)同位体研究所が行っている航空計測に基づく放射性セシウム分布地図の記事を読む。
 市民や企業等のリスク選択にとって、こうした「民間企業によるデータ蓄積」や「【官・民データ】の多彩な民間活用」「【官・民データ】に対するアカデミックからの多様な解釈」の集積が、「官データの官活用・解釈」という閉鎖的・一元的情報より、意義を持つことは明らか。
 であれば、例えば原子力安全・保安院の広報ウェブは、規制官庁としての官の情報提供の場に止めるのではなく、民間提供データや民間による多彩なアプリケーションなどの情報活用手法、アカデミックからの多様な解釈を、一定の信頼性を担保して掲載する、リスク選択のためのプラットフォームとして機能させるのはどうなんだろうか
  1. 2012/01/07(土) 16:12:03|
  2. tweet続き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<tweet続き120110 | ホーム | tweet続き120105>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/774-9e3b60cf

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search