河井孝仁のシティプロモーション日記とか

2010年03月08日(月)

足立区でのシティプロモーションについてのレク資料作成だん

浜松市のコミュニティ担当者に行う研修というかワークショップ資料の作成だん

NPOはままつ子育てネットワークぴっぴから研究委託を受けている、子育て情報サイトに係るアンケートについての第1回説明資料作成だん。これがいちばん大変だった。

はままつ子育てネットワークぴっぴにて受託研究の中間報告だん。運営する子育て情報サイトへの自己・他者評価のズレをかし。今後は、子育て情報のソーシャル化や情報過剰環境での情報提供について考えていく。鍵は「場」のオープン化と「人」の「フック化」だな

シティプロモーションやら、なんやら呟いているが、子育てが安全に、楽しくできるまちが断然素敵だと思っている

足立区。区長同席し職員向けシティプロモーション・レク。犯罪多発等の弱みは、的確な戦略により市民・NPO・企業の中に地域イメジへのロイヤリティを築き、彼らとの連携・補完によって初めて可能となる工程を提示できれば、むしろ「共に地域を変えよう」という参画誘発の磁力となる

10日付け足立区広報紙一面の大見出し。「22年度当初予算は『それでも輝きを放つ足立区をめざして』と名付けました。」←「それでも」って…。この突っ込みどころの設定はシティプロモーションに取り組もうとする資質あり!と言いたい

高松市めぐりんワオン、大田市の石見銀山ワオン、隠岐ジオパークワオン。スイカは巣鴨駅前、衣笠商店街連携。これって提携側に購買ログデータが開示されるなら、地域での利用しやすいマーケティング資料になるな

デジタルサイネージ、ますます面白い。ECサイト連動型タッチパネル。実店舗来店客を在庫不足で逃さないように、店舗設置の電子看板+携帯で購入させる。自治体のアンテナショップのためにあるような気がする。物販だけでなく観光や移住への興味惹起などなど

マクロミルの「住んでみたい街」調査結果は後で再確認

経済産業省がBRICS諸国でも日本発のソフト・コンテンツ産業見本市「コ・フェスタ」開催とのこと。アニメなど発信は大賛成だが、そうした産業を支えるクリエーターや技術者、工程参加者のモチベーションに繋がる形での展開を期待する。
  1. 2010/03/25(木) 11:54:03|
  2. twilog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2010年03月09日(火) | ホーム | 2010年03月07日(日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/718-b085a86d

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search