河井孝仁のシティプロモーション日記とか

2009年09月24日(木)

20日。10月に行われる地域情報化アドバイザー会議の事前打ち合わせのMLで地域SNSとtwitterの話題が。議論すべきは、地域に生きる人を幸せにするために、どのツールが「どこに、どのように効くのか」ってことであるはず。組み合わせたり、捨てたり、拾ったりすればいいのではないか。戦略というものはそのためにある。 [考察]

スクラップ。9/20日経の中外時評。「予算案の文書は数字を羅列したリストと見なされがちだが、そうではなく、米国のビジョン、将来への青写真だと私は思う」byオバマ 当然のことではあるが、あらためて認識しなくては。 [スクラップ]

デザインについてちょっと考えた。「配置というしごと」にクリエィテビティを認めることが、まずは重要なのではないか。別の視点からだが、自分というものを「デザイン」しなくていけないという思いに駆られる。現状では、どうにも収拾が付いていない。ここでのデザインとは「綺麗に調えて並べることではなく、先行きの方向(への模索)をターゲットに、素材を編集すること」という意味で。捨てることの重要性というのもあるわけだが。必要なものを拾うためのデザインも不十分なままになっている。 [考察]

23日。エンタメ読書。堂場瞬一『邂逅』読了。失踪者である占部に重なる思いはある。 [読書]

24日。依頼されていた磐田市男女共同参画基礎講座「ともりあ女性塾」の最終回「私たちのできる地域づくりへの参画」講師資料を作成し送信。地域づくりをマーケティング発想で考えることの意義。誘発力(ヴァルネラビリティ)、編集力、設計力が基礎になることの確認など。 [講師]

ブックマーク。090924Statement by Prime Minister Yukio Hatoyama at the United Nations Summit on Climate Change 国連気候変動サミットでの鳩山首相演説。「世界経済の新たなフロンティアと新規の雇用」という言葉に注目。090924自分の中の「突っ込みどころ」を見つけよう - 日経ビジネス Associe(アソシエ) これは地域キャラクターにも言えること。あわせて、まさにヴァルネラビリティでもある。 [ブックマーク]

ここのところの八ツ場ダムの中止に関する報道。八ツ場ダムの地元はなんで中止に反対なのか?雇用?治水?プライド?報道は「地元が反対・反対」と言うが、その理由の分析がない。地元の反対には直接的な利害ではなく「俺たちの引きずり回された【気持ち】を納得させてくれ」という人もいるだろう。そうした人に自分自身に納得できる「時間」を提供するっていうのも今の状況か。しかし、報道が、そのことと、利害得失を分析したうえでの「何か課題なのか」を冷静に弁別できていない。情緒に流されているだけor表面的な均衡をとった記事 [ニュースから] [考察]
  1. 2009/09/24(木) 22:02:22|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<TOKYOメディフェス・2009年09月24日(木) | ホーム | 2009年09月20日(日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/675-e8ef8721

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search