河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2009年03月08日(日)

25日@神戸。防災科研研究調査の一環として、セカンドライフ上で防災について広報活動を行っているIT企業をヒアリング。SLでの取り組みは一段階させ、今後はケータイでの展開を考えているとのこと。ケータイを活用したマイページの利用は、いわば個人防災勘定と位置付けられる。さらにそれらを集約することで多様なカテゴリでの防災勘定設計が可能になるのではないか。発想の源として意義のある取材になった。 [取材]

26日@神保町。モバ研受託研究を基礎にした書籍について、モバ研側責任者の方と出版社打ち合わせ。方向は確定。タイトル及び装丁について今後も議論を前提に、近く初校ゲラをあげるとのこと。 [執筆]

26日@月島。地域メディア研究会例会。シティプロモーションを素材に。私から札幌での調査をまとめた内容を報告。その後、さっぽろスタイル担当者等を交えたパネル。「迂闊」の重要性、プライド型消費の可能性など、議論。質問も活発で今後につながるシンポジウムになったのでは? [研究会]

26日@市ヶ谷。日本広報学会理事候補選任委員会など。今後の段取り確認。 [学会]

27日@浜松。浜松市市民協働推進委員会事前打ち合わせ。たねからみのり、市民協働フェアについてなど。行政職員や市民への啓発の場、コーディネート・ファシリテイトの場、コミュニティビジネスを生み出す場として。言い放しではなく設計し作り上げる場に。 [委員会]

27日@名古屋。来年度のパートナーシップ大賞運営についてPSCで打ち合わせ。京都NPOサポートセンターの方も同席。来年度は新たな試みとして地域別にサブ運営主体を設定し、調査費用の縮減を図るとともに、現場に近いところからの知見を活かすように。そのうえでノウハウの共有を行っていく方向となった。アウトプットの明確な、いい議論についてになったと考える。 [実践]

1日@青山。日本広報学会行政コミュニケーション研究会。今後の調査計画、12日の意見交換会、指定研究シンポジウム、来年度の研究公募への申請など実務的議論。来年度は広報効果の評価に焦点を当てていくことに。 [研究会]

2日@島田。eコミュニティしまだ交流会兼移行説明会。運営側含めだが10名以上の参加はまずよかった。従来の、全てのセルがXOOPSサーバ内にある状況から、原則として共有ポータルだけをXOOPS内に残し、各コミュニティセルは商用ブログサービス活用に移行することを説明。マンションに例えた説明は比較的わかりやすかったのではないかな。概ねの了解を得たと考える。いよいよ、eコミュニティしまだルネッサンスが近い。 [実践]

4日@福島。福島市職員セミナーで「シティプロモーションと地域振興」をテーマに講演。シティプロモーションの定義を行い、塩尻市の事例を紹介することでコミュニケーション戦略について啓発。「編集」という発想の重要性、素材を「見える化」することの意義を強調しつつ進める。さらにロジックモデル、バランススコアカードの考え方も織り交ぜた。場が場だけに、ということか、BSCの職員成長のファクターに興味を持った受講者も多いように見受けられた。 [講師]
  1. 2009/03/10(火) 19:07:20|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2009年03月09日(月) | ホーム | 2009年02月25日(水)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/623-a73826c5

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。