河井孝仁のシティプロモーション日記とか

2008年12月02日

『友だち地獄』土井隆義をしばらく前に読む。対立点の表面化を避ける「優しい関係」。島宇宙化(それを破るネットの使い方…露呈化としてのネット)。<関係抑圧のニセの解放感を得る麻薬としてのイジメ?>、「ムカツク」に見る身体感覚。優しい関係を逸脱する者への激しい反発。自分の世界観を相対化しうるような異質な人々との出会う機会をほとんど持たず、自らが世界の中心であると感じられてしまうとき、自分の拠り所は自らの身体のなかにしかない [読書]

『友だち地獄』続。高野の主体性へのこだわりと南條の身体性へのこだわり。自己肯定感が脆弱なために身近な人間からの承認欲求←空気を読む。高野:一般的、抽象的な他者からの承認を感じ取れていた。親とも優しい関係(→だとしたら、必要なチュートリアルは?)。ネット上では異質な部分を切り捨て可能なので同質的な仲間で居続けられる。断片的な自己への惑溺。 [読書]

『友だち地獄』続々。自分たちからは絶対に見えていた価値観の相対化、無効化←社会。相互の交流を欠いた小集団の孤立化が進めば進むほど、その内部では、互いの対立点を表面化させないように配慮しあう「優しい関係」がさらに進んでいく=内部の人間関係への過剰な配慮は外部の人間関係に積極的にコミットする意欲を失わせる。集団の孤島化→コミュニケーションへの没入→さらに孤島化→。SNS。まず純粋な関係への期待が存在し、その期待に添うような他者がバーチャルに求められる。 [読書]
  1. 2008/12/24(水) 18:09:24|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2008年12月07日(日) | ホーム | 2008年11月29日(土)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/591-f30c85c2

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search