河井孝仁のシティプロモーション日記とか

2008年09月01日(月)

 8/29 都道府県会館で日本広報学会第11回公開シンポジウム「行政経営における広報の役割」。実質的な企画を担ったつもり。慶應大学の上山信一氏の基調講演の後、「行政広報の現状と課題」とのタイトルで報告を行う。行政広報を区分し、その意義を述べた後、協働広報につなげる。事例としては川崎市と北山村を主に。その後のパネルのコーディネーターも務める。「見える化としての協働化テスト」、「触媒効果」や「編集」、「官・民」「ICTの意義」など。 [学会]

 8/29MJからスクラップ。レンタルショーケース、エンターブレインのゲームキャラ投稿イラスト→コモンズとの関係で。デジタルサイネージ(電子看板広告)のクーポン→パスモということは従来のQRコードより直接的、メディアとしての電子通貨カード。 [スクラップ]

 仕事用の書籍と交替で読んでいる「非仕事」(深い部分では絡むにせよ)の読書で、夏目漱石「こころ」新潮文庫を読む。さすがに再読だが、やはり相当の時間をおけば感慨も異なる。「わたし」も「先生」も、「K」も、彼らなりの、時代なりの、閉塞を意識させる。いい読書だった。 [読書]
  1. 2008/09/02(火) 20:50:30|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2008年09月02日(火) | ホーム | 2008年08月29日(金)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/563-3242c2f9

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search