河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2008年03月04日(火)

15:26
2日。藤沢市市民電子会議室交流会に参加。金子郁容先生とも話ができたのは嬉しかった。交流会途中で、旧知のHさんから突如指名され、藤沢市民電子会議室の意義を語らされた。^^;。ヒヤヒヤ。地域SNSとの比較を前提としつつ、溢れ出る仕掛けとしての重要性、運営の難しさを越える職員力、市民力について触れた。もうちょっと落ち着いていれば、ツールとしての重要性や、市民枠と市役所枠、重層的な運営体制などいろいろしゃべれたが。まぁ、急遽であれば自分に合格点。その後、学生さんや企業の方など声をかけてくれる人も多かったので。 [聴講] [交流]

15:37
3日午前。理事を務めるNPO法人はままつ子育て交流ネットぴっぴを訪問。子育て交流サイト、とりわけそのなかのSNSを活用した実証実験事業について。仮説設定を明確にして進めることをアドバイス(=事業内に「支援者」という言葉があり費用負担もありとのことなので、編集者として位置づけるのが有効であることも)。また静岡ゆうゆうnetとのシステム的な連携も意義があるのではとディスカッション。理事長と市担当者とともに。バルネラブル、ずれによる位置エネルギー概念も使える? [交流] [実践]

16:03
3日午後一。委員長を務める磐田市市民協働条例作成委員会の次回会議の事前調整を行政担当者と行う@磐田駅下カフェ。関係団体からの意見聴取を従来のような形ではなく、ワークショップ的にすることも考えられること。キックオフイベントでの(大・中・小)企業の関与が必要なこと。原則として議事を手戻りさせず、一つ一つフィクスさせること。条例の理念的な部分を総合計画や市民協働指針とつなげて発想すること。項目立てを議論することなどを意見交換。 [委員会]

16:04
3日午後二。島田でeコミュニティプラットフォーム研究会。来年度、防災科研が直接支援から退くこと、FM島田開局を踏まえて(仮称)クロスメディア研究会が発足すること、まちづくり島田が運営に明確に関わることなどを議論。静岡大学工学研究科のMさんが開発した記事間連携を可能にするシステムの紹介(=うまく使えば編集支援に使える)など。新しいステップが見えて有意義だった。 [研究会] [実践]

16:18
4日。秋葉原で(独)防災科学技術研究所の防災力勘定(午前)、災害リスク情報活用研究(午後)の2007年度実績確認のためのディスカッションを行う。私のやっていることが、潜在的防災力=防災に関わらず様々な地域課題について解決する能力水準(=地域コミュニティ力、社会関係力)がwebを利用したネットワーク形成により涵養されるのではないか という仮説に基づいた研究をeコミュニティしまだへの参与観察及び地域情報リテラシー研究を通じて行っていると考えればいいかな。そこに集中した仮説構築のための文献や調査を基礎に。 [研究会] [考察]

16:25
島田のeコミュニティプラットフォーム研究会追補。まちづくり島田が明確化するミッションは、単にeコミュニティしまだの運営ではなく地域活動支援、地域活動交流支援であることに留意。 [研究会] [実践]
  1. 2008/04/01(火) 04:14:39|
  2. Timelog|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2008年03月08日(土) | ホーム | 2008年03月02日(日)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/526-61bbf5fd

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。