河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「巨大SNSと小規模SNS」を読んで

松永英明氏のブログ「絵文録ことのは」にある巨大SNSと小規模SNSを、参加しているMLの投稿に教えられ読んでみました。

「絵文録ことのは」を通読しているわけではないので、松永氏の考え方そのものへのコメントと言うことではなく、あくまで、その断片としてのこの記事について考えたことを、これもMLに投稿したので、ここにも概略を再録してみます。

___________

確かにブログの議論に頷ける部分があります。

一方で、せっかくの分析にもかかわらず、結論が小規模SNSと巨大SNSという対比になってしまっていることには、大規模SNSであるmixiとgreeの違いについても言及されているだけに、違和感も残るところです。

もちろん規模の大小はきわめて重要な対比軸だとは思いますが、小規模SNSでさえあれば、そのなかでの、あるいは、それをきっかけとしての「人や組織のつながりかた」が皆同じということはないでしょう。

SNSの作り方もありますし、運営の方法もあると思います。それによる「つながりかた」の違いも生まれるはずだと考えます。

実際にも、「ごろっとやっちろ」と「ちよっぴー」「VARY」が形成する「人や組織のつながりかた」は異なるようにも思います。

ひょっとすると、小規模SNSと呼ばれるものの一部とmixiのヨコハマコミュでは「人や組織のつながりかた」が相似するものもあるかもしれません。

さらにSNSではないプラットフォームでも「人や組織のつながりかた」においては、ある一部のSNSと相似することもありそうです。

そうした点は、ワッツ・西口のスモールワールドとかバラバシのネットワーク理論、青木のモジュール化の視点等々から、異同を抽出していく作業が必要になるでしょう。

と、なれば、今後の議論に期待されることは
・大規模SNSと小規模SNSは違う
・小規模SNSも意味がある(だから使いましょうorやめましょう)
ということの確認ではなく

どのような「人と組織のつながりかた」を支援する、どのようなプラットフォームが、(それがSNS、あるいは小規模SNSと呼ばれるものか否かはともかくとして)地域のために、地域がうまくやっていくために有意義なのかについて少しでも知見が生まれ、実際の活動のヒントになるかだと思っています。



  1. 2007/04/04(水) 22:23:18|
  2. Webから|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『遠距離交際と近所づきあい』 | ホーム | ソーシャル・キャピタルを築くために>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/393-10d41bcc

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。