河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

NPO白書プロジェクト

関わっているNPO白書プロジェクトについて、私が「情報化とNPO」の章を担当する場合に書きたい項目をメモして、事務局へ送信。

おおむねの内容は下記のとおり。
○情報化の認識(変化)
・ITからICTへ=用語として
・e-Japanからu-Japanへ=政府の戦略として
・Web1.0からWeb2.0へ=インターネットの使い方として
→情報化は「基盤」から「連携」の時期へと移っている。
この認識のもとで、地域を担うNPOはどのような役割を果たそうとし、果たすことができるのかを紹介、考察する。

○紹介、考察の切り口
プラットフォーム論(国領二郎)、場の論理(伊丹敬之)、eコミュニティ論(河井孝仁)、智民論(公文俊平)、モジュール論(青木昌彦)、ガバナンス、ソーシャルキャピタル
 
○具体的取り組みの紹介(例示)
 単なる羅列ではなく、それぞれが上記の時代認識のなかで、どのように位置づけられるかを検討することで、情報化のもとでのNPOの全体像を俯瞰できるように記述する。
 インフラ整備型、コミュニティ型、連携支援型、メディア・ポータル型、行政連携型、地域自立型、企業連携型、デバイド是正型。
 それぞれについて地域でのNPOの実践を紹介。必ずしもしっかりした区分ではなく相互にクロスオーバー。 

○情報化に関わるNPOをつなぐ動き
 can Forum、地域メディア研究会、LisNET(地域サイトネットワーク)

○課題と展望
 ここまでの議論をガバナンス及びソーシャルキャピタルの視点で再展望することで、情報化のもとでのNPOのもつ課題及び展望を明らかにする。
  1. 2006/06/20(火) 23:01:40|
  2. 書きモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<島田eコミュニティプラットフォーム研究会 | ホーム | パートナーシップ・サポートセンター総会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/336-c2600149

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。