河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガバナンスの情報デザイン

公明党の機関誌である月刊「公明」7月号が発行され、手元に届いた。
依頼されて書いた「ガバナンスの情報デザイン」という5000字ぐらいの論文が掲載されているため。

公明党の支持者ではないし、むしろ批判的なのだが、編集の方の「政府・公明党に批判的なものでも結構です」とのスタンスに好感を持ち執筆した。

論文としては「ガバナンスの設計にあたって、情報技術とりわけデジタル・ツナガリ(1)としてのインターネットを、どのような情報デザインのもとに組み入れるか、言い換えれば「eガバナンス」という設計の意義を具体的事例の紹介を行いつつ検討するもの」として位置づけた。

そのうえで、「情報の非対称性」の是正、「評価の場」の設定、「関係の束」の構築というガバナンスの要素について、eガバナンスという設計が有効なのか考察した。

それぞれ、インターネットを使った情報公開制度、政策協働市場という場による評価の意味、関係構築のデザインとしてのeコミュニティについて検討した。

やはり、書いてみると、自分の中の思いが整理され、発表の場はともかくも、経験としては有効だったと思っている。

しかし、Webページでの「eガバナンスの意義」というのは、発行側の企画段階のタイトルのはず。こういうところも大事ですよ。
  1. 2006/06/09(金) 23:22:10|
  2. 書きモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<市民社会研究フォーラム | ホーム | ゼミ旅行。島田へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/325-7627d926

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。