河井孝仁のシティプロモーション日記とか

『公私領域のガバナンス』

東海大学出版会から『公私領域のガバナンス』が30冊送付されてきた。編者の岩崎教授のお誘いで「地域ポータルサイトとガバナンス」という章を書かせていただいたものが刊行されたということ。
中身は、藤沢市市民電子会議室ウェブシティさっぽろごろっとやっちろ(八代市)、eコミュニティしまだE-democracy.org(ミネソタ)、thecolumbiarecord.comなどの地域情報交流サイトが地域ガバナンスに持つ意味を考察したもの。
紙幅が少ないこともあって駆け足の内容にはなっているが、自分としてはちょっと面白いアプローチが出来たかなと思っている。
大きな物語志向と小さな物語志向というような対照とか、オフラインの軽重とか、ガバナンスの装置と表現としての地域ポータルサイトとか、いくつかの分析軸は提示できているのでは。
今、私の頭のなかにある思考も、これを書いたときに刺激されたものが基になっている部分も少なくない。今後も発展させていきたい内容だと思っている。
ガバナンスの系譜について触れた章など、打合せ中にも勉強させてもらった。
多部数、大学に送ってもらえばよかったが、私の勘違いで自宅に送付されたので、また大学に戻さなくては。
ちなみに、東海大学出版会の書籍ながら著者のうち東海大学の教員は私だけです。
  1. 2006/04/08(土) 23:45:53|
  2. 書きモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『インターネットは民主主義の敵か』 | ホーム | 新入生ガイダンスとか>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/317-2c3533f3

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search