河井孝仁のシティプロモーション日記とか

やはり イラク

イラクでの日本人拘束
拘束された3人は、まったく「道に外れて」ます。我が儘です。

で、どんな「道」から外れているかって言うと日本政府がひいた道。
で、どんな「我」を通そうとするのかって言うと日本政府とは、別のイラク支援をしようっていう「我」

だから、日本政府が「行くな」って言っているのに行くわけでしょう
おそらく「甘く見て」「高を括って」出かけたんじゃないようなメールが残っている。
この点、非難されるべき冬山遭難とは違うかも。

オルタナティブを身を挺して提示しちゃってるんでしょうね。

おそらく、高遠さんも、今井さんも、そんな大文字の抽象的な話ではなく
日本政府がやりそうもないストレートチルドレンの支援や
日本政府がやりそうもない劣化ウラン弾による健康被害防止のために、
何かをしなくてはということだったんでしょうけど。

そう意味では確信者なんで、
日本政府のひいた道だけを正しいと考える前提があれば、「拘束されても自業自得だ」って言えば済む。

ただ、サラヤ・アルムジャヒディンが、的確にも自衛隊撤退を解放条件にしてきたので、
日本政府のひいた道が、結構ラジカルに問い直されちゃう。

身代金の要求だったり、もうちょっと戦争らしく捕虜の解放要求だったりすれば、
も~っと曖昧になって、「自業自得=無駄金、地球より重い論はもう結構」という考えがスムーズだったかもしれない。

でも、自衛隊撤退を条件にしてきた。
自衛隊派遣は政府の金科玉条でしょ。

今まで、野党とか、市民団体とか、言論の人とかが「自衛隊派遣がベストの方法か?」って言ってきたみたいだけど
それって、みんな「消費」されて終わってた。

でも、今回の拘束は
結果的かもしれないけど「命を懸けてのクエスチョンマーク」になったような気がする。
金科玉条ではないソリューションは提示できなかったのか、今になっては提示できないのかって。
少なくとも3人は提示しようとしていたわけだし。

そういうことを考えない「命は大事。3人を救え」ってな唱和は、情緒綿々で嫌ですね。
単純に「命が大事ですから撤退します」なんて、テロを誘発しているようなもの。
このあたり、官房長官の言う「思う壺」ですよね。
ありえないだろうけど、撤退という選択肢をとるのなら
政府はなぜオルタナティブ(なイラク支援)を選ぶのかを明確に説明できなくちゃいけないと思う。

家族の方たちについて言えば、単純に「助けて、助けて」って言っているばかりではない、
オルタナティブな選択肢について考えて発言しているようにパラパラ見たニュースのインタビューでは感じた。

3人が結果として示した「クエスチョンマーク」にこの国に住む一人ひとりが、どう答えるのか。
そういうことなんだろうと思う。

以上、基本的には日本の報道をいくつか見て思ったこと。
その意味ではバイアスかかってるだろうし、メディアがどこまで伝えてるかわかったもんじゃない。

それでも書きたかったので。

http://shomei.kakehashi.or.jp/に署名しました
  1. 2004/04/10(土) 01:49:16|
  2. diary|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イラクで拘束された3人 | ホーム | 霞山会館>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/29-714db016

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search