河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

タクシー運転手 約束は海を越えて

昨日、通夜に参列した。どう考えても、私より先に亡くなってはいけない人だった。
未だに信じられない気持ちがしている。
いろいろとやりたいこともあっただろう。残念だ。

サントリー美術館『ガレも愛した清朝皇帝のガラス』展、根津美術館『光琳と乾山』展。普段なら利用する音声ガイドも用いず、比較的薄めの鑑賞。とはいえ楽しめはした。
そういえば先日の東京国立博物館での音声ガイドナビゲーター、壇蜜さんの声はよかった。

シネマート新宿で韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』見る。
とてもいい映画。
1980年に起きた「光州事件」での実話をもとに作られた作品。
ところで、私は「権力は必ず腐敗する。権力は人を殺し得る。権力は信頼するものではなく制御すべきもの。」という考え方を持っている。
この考え方を基礎づけたものの一つが「光州事件」。メディアを通してリアルタイム(実は当初は隠蔽されていたのだが)で光州事件を見聞した時の、頭がぐちゃぐちゃになる記憶が蘇る。
メディアというものを考える人間にとっても必見ではないか。

今日はニコニコ超会議コンテンツの一つであるニコニコ超学会セッションで行われた、NPO「6時の公共」プレゼンツ「シティプロモーション〜自己肯定する人と地域(まち)」をコーディネート。
ウサヒの朝日町佐藤さん、流山の河尻さん、四街道の齋藤さん、柏のコズミック倶楽部なるみんさんをパネリストに。ありがとう、いいパネルになった。
公務員にエンジンを任せてたらアウトだと思っていること。人々を誘い込むデザインの重要性などを鍵概念に進めた。
聴く人なんて誰もいないかと思ってたら、そこそこいるんだね。

ところで、ニコニコと言えば、ドワンゴが運営しているわけだ。で、ドワンゴと言えば、ナイーブにも、政府とそれを受けてのNTT忖度によるサイトブロッキングをほいほい喜んでる方が偉い人なわけだ。
そりゃ、海賊版は嫌で〜すってのはそうだろう。まぁ、あのニコニコがそれを真顔で言うか問題は置くとして。いや、だからこそ、敢えてポジショントークとして言うのかもしれんがね。
で、そこまでナイーブに、権力とそれに追従する国内最大手通信企業を信用できるのかが、なぜかわからない。あるいは甘く見てるのか。
「海賊版なんでしょ、それならブロックしたっていいじゃない」ってか。

『タクシー運転手 約束は海を越えて』見たほうがいいんじゃないか。
権力が何をするものなのか。
主人公のタクシー運転手はナイーブに権力を信用し、武装警官が「暴徒」である学生に対し「最小限必要な」対応をしているだけだと思い込んでいた。
ドイツ人記者を乗せて「ブロッキングされていた」光州に何とか入るまではね。

で、笑うしかないポスターを超会議の会場で見る。ポスターそのものの写真は撮らなかったんだが、同じ内容のバナーがサイトにあったのでスクショ。
あなたが応援するニコニコ文化とやらは何なんでしょうな。

  1. 2018/04/28(土) 23:24:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | シティプロモーションの始めかた-地域ブランドの構築と発信->>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1604-1933fc07

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。