河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シティプロモーションの始めかた-地域ブランドの構築と発信-

公共コミュニケーション学会のページなどでもお伝えしていますが、
主にシティプロモーション業務の初任者、
また、シティプロモーションにおけるブランドブック(ブランド・ストーリー・ブック、スタイルブック)に関心のある方にむけて、

5/29に東京で。
5/30に大阪で。

シンポジウム「シティプロモーションの始めかた-地域ブランドの構築と発信-」を行います。

両会場とも、那須塩原市の浅賀さんがキーノートスピーチをされますが、
大阪会場では、さらに、生駒市の大垣さん、尼崎市の藤川さんが登壇予定!という豪華メンバー。しかも無料。平日で学会(研究会)主催だから出張で行けるかも。

シティプロモーションって、結局のところ、何を目標に、何をやっていいのか、わからないという方
ブランドメッセージを作ろうとがんばってきたけど、「つまり、キャッチフレーズを作っただけの仕事だよね」と言われちゃうという方

ぜひ、いらっしゃいませ(^^)
東京会場 https://www.facebook.com/events/596965687322994/
大阪会場 https://www.facebook.com/events/1681507508582815/

さて、先日、映画「いぬやしき」を見てきました。手抜きのシーンあるとか、ハリウッドよりめちゃチャチとか、そこはありえないとか、いろいろあるでしょうが、
単純に楽しめる映画でよかった。

主人公の一人が、うらぶれの60歳ということも感情移入しやすかったかも(^_^;)
あと、これって「東京」だよなと思った。
東京の持つ「人を何事もなく呑み込んでいく力」が前提になっている。
  1. 2018/04/27(金) 14:21:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タクシー運転手 約束は海を越えて | ホーム | 悲しいこと・恥ずかしいこと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1603-29d9ff6b

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。