河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

文化社会学部

弊学において学部改変があり、(旧)文学部が、(新)文学部と文化社会学部になり、広報メディア学科は文化社会学部に。
ということで、私は文化社会学部広報メディア学科の所属ということで。

忙しい方の多い年度始めの今週も、私は遊んでる。

大学はガイダンス週。今年から教務委員を外れたので、負担は小さくなった。
今までに関わりのあった学生達とも会えた。新たな学生との出会いもあるだろう来週からの本格稼働が楽しみ。

今日午前の公共コミュニケーション学会理事会は会場を取り忘れ、理事の皆さんの臨機の対応で事無きを得。学会誌および総会がテーマ。

御殿山の原美術館での、まぁコレクション展。一つ一つの作品というより、こういうものを集めていくことの力みたいなものを感じる。
日本橋のMASATAKA CONTEMPORARY。取り扱い作家の作品展。そのうち、藤村サキのドローイングは研究室に架かっている。今日も彼女の作品に描かれた女性の強い目に、やはり惹かれる。
京橋の iland galleryを覗く。沖縄の写真と琉歌の組み合わせ。良きも悪しきも。

仁左衛門の一世一代 通し狂言『絵本合法衢』を歌舞伎座で。悪の様式的魅力がギラギラ。堪能。
人は物語を求める。ほとんどが断片である生活を物語という形で編集することで納得を得ようとする。だから私たちは物語を提供する。それも敢えて穴だらけの。

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最終機密文書』と『レッド・スパロー』。前者は報道の自由という側面から語られるのだろうし、今のこの国の公文書の扱いを改めて考える縁にもなるが、キワモノ的に語られそうな後者と並んで、女性が客体・対象・補助ではなく、主体として生きることの意味、意義を意識させる作品たちでもある。

カープ戦とジャイアンツ戦を神宮で。今年の東京ヤクルトは明らかに違う。成績としてはどこまで伸びるかわからないが、意図のある攻撃は見甲斐もある。
それにつけても、東京ヤクルトファンの多くが球場で初めてあからさまな応援グッズを身につけるという「自らへのはにかみ」はいつもながらに、私には好もしい。都会性というものを意識させる。
  1. 2018/04/07(土) 11:32:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今日は一日デスクワーク | ホーム | 科研費>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1594-fb0765f3

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。