河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今週は映画は3本

ここまで続けて書いて「こんなに仕事してるぞ。えへん、えへん。」「風邪か、花粉症か、威張ってるのか、あほらし」という投稿になりかねないので。

めちゃめちゃ遊んでるっていうターン。

今週は映画は3本。日中合作『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』をTOHOシネシャンテで。オリジナルアニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』をTジョイ品川で。ウォーターゲート事件におけるFBIを描く『ザ・シークレットマン』をヒューマントラストシネマ有楽町で。

『空海…』はタイトルが酷いせいと日本語吹き替えで、可哀想な作品。
中国語タイトル通りの『妖猫伝』を使って、例えば『妖猫伝 -空海と美しき王妃の謎』あたりにするだけで、見ている途中の「なんやねん、これ(´;Д;`)」感がずいぶん減るだろうに。
吹き替え版ばかりでなく、ぜひ字幕版が欲しい。中国語で見れば、なかなかの映画のはずなのに。

『さよ花』は、もともとオリジナルアニメ好きの私だからということもあるだろうが、とても良かった。
アニメの力が十分に発揮されていたと思う!
「異質性」ということの意味、「異質」を超えての理解可能性と、その限界みたいなものを考えさせられる。結構に涙活向きかと。

『ザ・シークレットマン』も日本語タイトルが酷すぎ。(そういえば『チャーチル ヒトラーから世界を救った男』もダメ邦タイトル)。
少なくとも原題副題を活かした『大統領を挫いた男』ぐらいがせいぜいだよなあ。
なかなかに都合のいい作品だけど、歴史的サスペンスとして十分楽しめた。
  1. 2018/03/17(土) 17:42:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<美術館・ギャラリーも3つ | ホーム | シティプロモーション事例分析研究会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1585-e6312ea4

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。