河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

mixiって

最近、SNSのmixiへの出入りをよくしている。参加はしばらく前だったのだが、このところの地域メディア研究会での意見交換やMLなどでのポストから、ちょっと本腰を入れてみるかってところ。マイミクとして声かけをしたり、コミュニティで発言したり、人の日記にコメントを書いたり。



確かに居心地のいい空間です。基本的には顔見知りの間でのやりとりではあるし。それぞれ素性は知れているし。ネットの課題としてあげられていた信頼供与に一定の回答を与えていると思う。

ただ、一方で、その居心地の良さをつくっている閉鎖空間が、いわば肥大化することへの違和感も感じている。これはそれこそmixiでのコミュニティでいくつかコメントした内容でもあるのだが、端的に言えばmixiの「囲い込み」への志向への危惧。

MLであれば、pushで情報が自らのフィールドに送信されるので、その内容を確認すればいい。いわば自分の土俵で勝負している感じ。

Blogは、まさに外部(のBlogやネット資源)との連携によって、重要な意味を持つことになった。トラックバックやコメントはもとより、閲覧者にとってのデータベースとしてのカテゴリやパーマネントリンクなどなど。

同じSNSでもgreeが毎日送ってくるメールでは、「友人」の新着メールタイトルやコミュニティの新着スレッド、友人からの紹介他何らかのアクションがその都度紹介される。それによって、実際にアクセスする必要があるかどうかを判断できる

一方で、mixiで送られてくるメールにあるものは、私のページのアクセス数であり、足あとと呼ばれる訪問者を閲覧するためのサイトへのリンク。greeが、新着の有無を知らせるのに対し、mixiは新しいことが起きたのかどうかを知るためには、とにかくアクセスしなくてはいけない。また新着日記についても外部ブログを用いている場合、greeは先のように新着報告があるが、mixiでの新着報告は内部での日記に限定される。
さらに、コミュニティのスレッドも一覧が不可能なため、それぞれにアクセスする必要がある。

このようにして、できる限りmixiに入り込ませ、そこで長い時間を過ごさせようとする。
ビジネスモデルとしてはとてもよくできている。その意味でgreeの脇の甘さが目立つとも言える。

しかし、人の時間が一定だとすればmixiに滞留する時間が長くなればなるほど、ネットでの他の活動、あるいはリアルでの活動が制約される ということは杞憂なのだろうか。時間の濃密さには違いがあり、mixiで過ごす時間が長くなったとして、それによってエンパワメントされるのであれば、他の活動も濃いものになるとの考えもあるだろう。

ただ、そうであれば、SNSは人間関係や交友関係の可視化及び関係の構築(から生まれる信頼供与)にその機能を限定し、できるだけ囲い込むのではなく、できるだけ、その信頼という資源を活用してのネット+リアル活動を押し出す方向であってほしい。ビジネスの方向としては不適ではあるが。

その意味ではgreeの「脇の甘さ」には好感が持てる。とはいえ、SNSはノードとしての参加者数が多ければ多いほど、いわば収穫逓増のように、先行者の独占がありえるプラットフォームとも考えられる。mixiが急速に参加者を伸ばす状況で、他のSNSが意味のある存続が可能なのか。

これらを考えるとき、今、検討されているという地域SNSの持つ意味が明らかになると思う。非営利あるいは公共のフィールドとして地域SNSを展開し、そこでの「顔のわかる」関係を信頼供与資源とする。そうして、他のネットやリアルでの地域活動に有用なものとしていく。

そうした方向性がなく、mixiと同様に、そのサイトに「囲い込む」ことを志向するのであれば、地域SNSに可能性も意義もないと考えている。

このことは、今後も検討していきたい。

  1. 2005/06/08(水) 23:47:13|
  2. 書きモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<行政経営フォーラム例会 | ホーム | 静岡総合研究機構自主研究発表会>>

コメント

いや、まさにそのmixiの足跡からこんにちは。
でですね。僕はmixiは正直、好きではありません。
その「閉塞性という幻想」が嫌いなんです。mixiのシステムは決してプライバシーのセキュリティを護るようにはできていないのに、それがあたかもあるように皆が思っている(らしい)ところに胡散臭さがある。
しかしですな。
全てのコミュニティは幻想である、とここで言い切ってしまいますとな、けっこう見えるんじゃないかと。
僕なんかはネット歴が長いもんですから、こうして見ず知らずの他人様のblogへ平気でモノ言えたりできるのですが、大抵の世の人々はそうではない。幻想であっても安心が欲しいんですね。というか、ネット上の安心、あるいは危険性ってことが実は具体性に欠けていてほとんど幻想なんですが、まあそれはいい。
mixiというコミュニティは、そういうマボロシをうまいこと提供できたと。
そのマボロシに頼る人たちそのものが僕は胡散臭く思うんですよね。
あー、なんか、原発事故の時に何が起きたのか心配して原発を見に来た人たちの姿を思い出しちゃうわけです。
「極上の家ができた」って喜んでタコツボに入っていくタコを想像しちゃうわけです。
僕としてはスタンスは自分のblogにあり、タコツボにいる人と連絡を取るためにmixiにいるような気がしています。
ただ、タコツボだとバカにしてはいても、そこが平和だと思って海に出てきた人たちもいるわけで、そうした人が必ずしもデキが悪いわけではないので、「ネットワーク上の仮の居場所・出発点」と考えています。
心配性の人を海に連れ出した功績は認めたいと。
でもまあ、所詮mixiだし。たかがツールだし。
というようなことを思うダス。
地域SNSってヤツをもう15年も前に浜松でやってた俺が言うんで間違いないダス。(ウソ:間違い多し)
  1. 2005/06/11(土) 03:04:05 |
  2. URL |
  3. nomad #79D/WHSg
  4. [ 編集]

nomadさん、コメントありがとうございました。
nomadさんの書かれていること、いちいち腑に落ちるように思います。
もちろん所詮ツールなんですが、そのツールってのが曲者ですよね。
  1. 2005/06/13(月) 02:09:04 |
  2. URL |
  3. tacoh #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/154-75d6c223

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。