河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マンホールカード

昨日も遊ぶ。

品川で牡蠣などを食した後に、原宿の太田記念美術館で催されている『特別展 没後150年記念 菊川英山』へ。

私の従来の管見では、あまり聞かない絵師だったが、歌麿から渓斎英泉・国芳あたりを繋ぐ化政期の代表的な絵師とのこと。
確かに、青楼の遊女にある、高位にあるプライド、それを支える豊かな教養、そのなかに滲む色気、一方での深川芸者の意気、の描写には引き込まれるものがあった。収穫。

半蔵門の国立劇場へ。12月文楽公演『ひらかな盛衰記』。
木曾義仲ものだが、義仲館の段・大津宿屋の段・笹引の段・松右衛門内の段・逆櫓の段ということで、主役は腰元お筆、樋口次郎兼光、船頭権四郎か。
じかに人間が演じる歌舞伎とはまた異なる、人形という一つ仲介があることでの凄さを堪能する。
太夫、人形遣い、三味線の鍛錬は半端ない。

水曜はゼミOG二人と町田でイタリアン。
最近の様子などを聞き、四方山話。
彼女たちとの会話はいつも楽しい。いい方向に向かうといい。

昨日讀賣夕刊に弊コメント記載されたとのこと。最近、マンホールカードが流行っている件。
取材された記者は、何回か確認を取ってくれるなど丁寧な対応をされたと思う。
一方でデスク周りなのかの**さは果てさて。

言ってもいないことを私のコメントにしようとするのはよくある話ながら

記者とのやりとりのなかで述べた「マンホールカードを契機に来訪された人々を、マンホールで終わらせずに、まちの魅力、ブランドを紹介するウェブサイトへ誘導することも重要云々」との内容に、デスクまわりがダメ出しした「出発地ではなく出先でウェブサイトを見るのは不自然だな」……(笑)おまえ、スマホ持っとらんのか。

まぁ、これが新聞かと言うと、そうでもなかろうが。

あ、この数日では、それぞれ新たな工夫を施した、菊川市、富士市など5市町、横浜市栄区の研修・ワーク資料も作成、地域メディア論、行政広報論、Webメディア論という名のコトラーのマーケティング3.0についての授業やゼミナールも、たいへん熱心に行なっております。少しは働いている。

そういえば、1/21に生駒市でなんか出ずっぱりみたいなシティプロモーション事例分析研究会@関西をやります。ご関心の向きはぜひ(^^)
https://m.facebook.com/events/134603670546108/
  1. 2017/12/15(金) 23:17:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ブランドメッセージ、ブランドブックに次ぐ、ブランドツアー | ホーム | 自治体広報紙オープンデータ推進協議会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1528-1cde3c9d

河井孝仁

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。