河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

五島市のブランド明確化 物語から直接ではない形でことばを導く手法

長崎にいるわけだ。
一昨日の岐阜から、いったん浜松。で、昨日はANAで福岡経由五島市へ。

五島福江空港から市内へ。市の皆さんと楽しく食事。お造りも太刀魚の塩焼きも美味、美味。結構飲んだな。
今日から五島市のブランド明確化のための、Iターン、Uターンの皆さんを多く含むディープキャラバン隊による、ブランドメッセージ提起ワーク。

既に、20の地域魅力を各人がそれぞれ提示し、その魅力を用いて五島市で幸せになる人を主人公にした3つの物語を各班で形成し、さらに、その物語を基礎にした各班3つ、計9つの五島市の「力」の言語化は終わっている。
また、物語を仮想体験するキャラバンも行なった。
その前提で、那須塩原市、富士市、北上市のボディコピー、サブメッセージ、メインメッセージによる構造化されたブランドメッセージを先行事例として確認。

これに倣って、五島市のブランドメッセージ案を提起するための、今日はボディコピーづくり。
普通、この部分はコピーライターなどのプロフェッショナルに依頼するところだが、五島市のディープキャラバン隊がここまでに見せた、培った力に期待して、集団によるボディコピーづくりに挑戦。
まず、ここまでの魅力提起、物語作成、五島市の「力」を振り返りつつ、ボディコピーを構成し得る言葉を、一人20個提示。
今日は7名2班の構成だったので140の言葉が生まれる。その言葉を班内で共有。続いてワールドカフェ方式で逐次全員が共有。
敢えて、自らの班ではなく、もう一方の班が提示した60ないし80の言葉を基礎に、それぞれボディコピーを検討、作成。
こうして、他者の言葉を利用する形をとることで、独りよがりにならずに客観的に、想像力を用いながらボディコピーが作製されることを狙いとする。

それぞれの班でボディコピーの第一次案ができたところで、第一次案をもう一方の班(の半数)に説明し、質問や提案を受ける。
再び、もとの班に戻り、受けた質問や提案を踏まえて、ボディコピーを修正し、第二次案を作成。
期待以上に素晴らしいボディコピーができた。
確かに五島とはそういうまちだと沸々と意欲される。
個々の力と形成に至るデザインの力だと自賛^^;
今日はここまで。

今後、メインメッセージ、必要に応じサブメッセージを添え、市幹部の確認を経て、市内でのワイガヤ、サポーター付きブランドメッセージ総選挙に移っていく予定。
いい6時間になった。

この間、昼食に長崎のソウルフード「トルコライス」を市内カフェレストランで食す。
カレーピラフ、ナポリタン、豚カツという必須三要素に加え、キャベツサラダ、ゆで卵、クリームコロッケも付くというなかなかのもの。
完食したが、夕飯はほぼ抜きと相成った^^;
で、五島福江空港から長崎空港へ。今は大村市ということになる。
  1. 2017/07/29(土) 23:49:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<納税者に説明可能であれば、いろんなまちがあったほうが面白い | ホーム | 宮城県壇蜜さん動画>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1459-9617448d

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。