河井孝仁のシティプロモーション日記とか

新著と小平市

土日は自宅でした。
土曜は家事以外はいくつかの事務仕事。

日曜は
新著『「失敗」からひも解くシティプロモーション』について
・「はしがき」で「失敗」の意味を再確認したうえで、上から降ってくる「正解」ではなく、まちに関わる人を持続的に幸せにすることに繋がるのかの検証による「成功」を求める必要性を指摘し、
・最終章でポートランド及びニューカッスルアポンタイン&ゲーツヘッドから学べることとしての
①まちにとってのビッグ・ピクチュアの必要
②ビッグ・ピクチュアと個人の暮らしを繋ぐ物語の必要
③まちの「空気」「雰囲気」への想像力とリ・ブランド
④エンジェル・エフェクトに示されるまちを語るための楔(クサビ)の必要
⑤楔(クサビ)を刺しこむまちの歴史・時層を想起させる仕掛けの意義
について言及しつつ、追加執筆し、

新編著『クチコミ 炎上から沸騰へ』(仮)の担当章について、
・志布志市の動画が生まれざるを得ない状況を地方創生という考え方の偏りに求めつつ、
・ブランドアドボケイツの役割として「炭鉱のカナリア」と「ファイアマン」に求める内容をさらに強化・補正したこと
をメインに、

『シティプロモーションでまちを変える』の読者という方からの問い合わせ手紙への返信も。
那須塩原市の事例に関心があるとのことで、その意義などについて記しました。

で、金曜日には、小平市に行ってまいりました。
小平市には畏友も多いのですが、神山さんや高木さんにもお会いでき、平櫛田中弁当もいただいて嬉しいかぎり。
仕事はシティプロモーションと戦略広報についての若手プロジェクトチームへの研修。
ちょっと駆け足でしたが、なんらか意義あれば嬉しく。

その後、静岡県庁の若い友人とモルトバーサウスパークへ。少し久しぶり。
堪能しました。コールバーンとマドックモアというあまり一般的ではない醸造所の十分に熟した味わい。僅かに口に含むだけで、ふぅっと身体の強張りが解ける気がしました。
  1. 2017/07/17(月) 23:27:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<きたかみ都市ブランド推進フォーラム | ホーム | 港まちポットラックビル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1450-c829404c

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search