河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

eカフェin島田宿(仮)オープン

研究会の代表をやっている「eコミュニティしまだ」に新しい展開がありました。
物理的なスペースを持ったことです。4/28に開かれたオープンイベントに参加し、「eコミュニティ島田のめざすもの」という話を15分ほどしてきました。

私が、「eコミュニティしまだ」を紹介するときに言っている「リアルから(ネットをツールとして、新しい前進としての)リアルへ」ということの後押しにもなる展開だと思います。

実のところ、私がイニシアティブを持った話ではなく、実証実験のプロデューサーである防災科研、長坂さんの動きによる部分が大きいのですが。

以下、eコミュニティしまだ「管理人のぶろぐ」に書いたものを一部改変しての転載です。

4月28日、島田駅から歩いて3分の「eコミカフェ」(仮)で、オープンイベントが行われました。
環境ひろば水とみどりさんからもルポしてもらっています。
もうすぐ、イベントの様子が写真や動画でもアップされるかもしれません。

イベントの後、研究会のメンバーに加え市役所の方も一緒に、このスペースの使い方について熱心に意見交換し、考えました。
管理人の私案では、壁には、それぞれの家では飾りきれない子どもたちの絵などをたくさん張り巡らすとともに、スペースの奥には畳も敷き、子どもも連れてこられるような場所にしてほしいなと思っています。
ただ、どんな雰囲気にしても、待っているだけでは誰も来ない。

これからは、このスペースでセル交流会やeコミしまだ活用講習会、その他、セルのメンバーや招待者によるプチスクール(音楽、生け花、ブログ講座、起業講座・・・)などを連続的に開いて、自分たちの「場所」にしていければと思っています。
島田のまちづくりに取り組むTMO島田にも利用してもらい、eコミしまだを商店街にとっても有意義なプラットフォームにしていきたいとの意見もありました。今後の運営を考えれば重要だと思います。

また、新しく島田に住むことになった人たちに「島田ってこんなところ」と気づいてもらい、あわせて行政などと連携し、公共の手続きなども案内できるような場所(街のプチコンシェルジェ)を目指してもいいかと考えます。

これらのことはインターネットサイトとしてのeコミしまだでも情報発信し、意見をもらい、各セル・ポータルでもいろんな考えを出し合っていく。それにより、リアルをエンパワメントしていく。

こんなことをサポートするための、カフェ利用者による新しいセル【eカフェ・セル】を作りたいなと思っています。メインコンテンツは「今日の島田ランチ」ってところかな。

そうしたことも通して、eコミカフェにふらりと訪ねてくれるセルメンバー、招待者も増え、ますます出会いが生まれてくる。そして島田という地域が元気になっていく。そんなことを期待しています。
  1. 2005/04/29(金) 17:09:44|
  2. 研究会とか|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<江差の五月は江戸にもない | ホーム | 北鎌倉の恵み>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/145-765243d6

eカフェin島田宿(仮)

しばらくぶりの記事掲載です。 というのは、先週から仕事が異動になってしまって、な
  1. 2005/04/30(土) 00:38:06 |
  2. My Diary

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。