河井孝仁のシティプロモーション日記とか

「ネット時代のジャーナリズム」から

ネット時代のジャーナリズム:良質のジャーナリズム 桂敬一の視点
基本的に賛成です。
ところで、質問する記者から「日本は海外に比べて、市民メディアがまだ発達していないのでは。」との言葉が出ていますが、これは韓国のオーマイニュースとかを指して言っているんでしょうか?
市民メディアの定義次第でそのとおりかもしれないけど、個人メディアとしての市民メディアは、ここのところのブログの急増から考えると、量的には相当「発達」しているように思います。
とすると、「質」の問題なのかな。このあたりは、しばらく前の週刊アスキーで歌田明弘が書いていた、リンク型ジャーナリズムの考え方によれば、実のところ「発達してきている」とも思えますよね。
じゃあ、市民メディアというものを個人メディアではなくて、非政府、非マスコミの民間メディアととらえるなら、その地域バージョンが実は・・・ eコミュニティしまだの発展形=地域発見情報の流通、蓄積、交換、リアルな活動へのリソース提供、なのではと考えています。ちょっと言い過ぎ?
  1. 2005/04/26(火) 01:24:03|
  2. 読んで,書籍・・・|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<北鎌倉の恵み | ホーム | 情報学特別講義>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/143-56204700

我、拗ね者として生涯を閉ず(その2)

 本田靖春著『我、拗ね者として生涯を閉ず』を読んでの第2回目。昨日、雨がかなり強
  1. 2005/05/31(火) 15:55:47 |
  2. kikka's blog

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search