河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まんなかながわ

昨日午前、神奈川県綾瀬市に。
海老名市・座間市・綾瀬市による「まんなかながわ」エリアプロモーションについてのブレスト。
なかなかいい議論によって、アウトプットの可能性が見えてきた。
特に、単なる合同プロモーションではなく、目的を共有し、相互の弱みを明確にしつつ、それぞれの強みによって相互の弱みを補完し、それぞれがメリットを持つ形での協働・共創プロモーションができてきている。
楽しみだ
綾瀬市はリーズナブルかつ良質な住宅地を持つが鉄道駅がない。海老名市は充実した商業環境と多数の駅を持つがさらなる消費者を求めている。座間市は癒しのできる環境を持つものの鉄道駅やそれに伴うにぎわいは限定され、強い特徴を持てない。
これを「まんなかながわ」として訴求することにより、東京や横浜などの豊かな都市環境と直結した多数の鉄道駅とにぎわい、充実した商業地、その商業地をさらに発展させる大きな後背地としての良質な住宅環境、それに加えた癒しの機能を持つまちになる。
3市が、この新たな「まんなかながわ」という新規性によって市民及び域外からの認知獲得を図りつつ、
市民の推奨意欲・参加意欲・感謝意欲を高め
さらに適切な施策デザインによって、市民の各意欲を基礎にした行動を誘発する。
こうした市民の力が、まちのインフラになり、ブースト機能になる
一方で、こうした特性を持つ「まんなかながわ」に共感を獲得できる域外ターゲットの確定を行っていく。
どんな人が「まんなかながわ」というまちに共感するのかということ。
これは「まんなかながわ」がどのような雰囲気を持つことができるまちなのかという地域魅力創造サイクルによって確定していく。
域外ターゲットを確定したら、当該ターゲットの関心を惹き起こし、信頼・共感を強化する着地点に引き込むメディア活用を行う。
さらに、インセンティブを付与して、実際の移住や交流という行動を促進する。
これらの進展を3つのレイヤによる体制が実現していく。
責任のレイヤ、推進のレイヤ、発散のレイヤである。
責任レイヤは首長を含めた責任を取る組織、推進レイヤが行政担当と地域プレーヤーによる実行部隊、発散レイヤはとにかく楽しそうなことをそれぞれの責任で実験的に行う人々。
この3つのレイヤ間で人や情報が行き交う。
抽象的にはこんなことを考えている。
楽しみである。
午後は東京・赤坂へ。博報堂が事務局を務める内閣府の北方領土問題啓発事業検討委員会(だったかな)に委員参加。
アンケートの読み方や、担い手づくりへの提案などいくつかの意見を述べた。最終報告書にも反映されそうでよかったかな。
午前午後のまんなかで、三菱一号館美術館へ。
オルセーのナビ派展。よかった^_^
もともと、好きな描き方なんだな。
ちなみに、3/22には東京ステーションギャラリーで「パロディ 二重の声」展を観覧している。
1970年代中心の話で懐かしい。あの時のマッド・アマノと白川義員のパロディ裁判は私の知的源泉の一つになっていると思う。
さて、今日は大学の卒業式である。
  1. 2017/03/25(土) 12:38:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<卒業式。これからの人生にエール。 | ホーム | 地域特性別シティプロモーションモデル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1396-3f8a6331

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。