河井孝仁のシティプロモーション日記とか

地域特性別シティプロモーションモデル

それなりにいろいろやってまして。
今日は静岡県三島市。
小嶋さんのお導きで、午前中はシビックプライド✕シティプロモーション共創会議ってところで意見交換。従来から考えていたことが言語化できたとのことでよかった。楽しかったですな。
なお、参加された会議委員4人がみな美女だったからという理由では…。写真はうちお一人^^
午後は職員研修。地域魅力創造サイクルのワーク中心で。こちらも参加された皆さんが楽しそうで、よかった。
三島市、楽しゅうございました。
夜は一昨日から続けていた広報絡みの応募案件審査を。90件をそれなりにこまめに見ていってコメントを書くので、まぁそこそこ大変ですが、学びにもなります。
昨日は午前に品川でサンケイリビング大阪の方と打ち合わせ。来年度の展開などいくつか話せました。よきかな。
午後は厚生労働省でお仕事。ま、審査員的な。
一昨日は学内で、神奈川県シティプロモーション・シンポジウムなるものを開かせていただきました。
県内自治体の皆さん以外に、私のネットワークでも多くの方に参加いただき、なかなかに充実していたのでは。
私からは「地域特性別シティプロモーションモデル」という新たな発想を提示しました。
地域特性を「住民による地域推奨意欲」「地域外ターゲットによる地域推奨意欲」「地域参画意欲」「地域活動感謝意欲」の4軸で高低分類すると2の4乗で16分類できるわけです
住民推奨は高い、地域外推奨は低い、参画も低い、感謝は高い みたいな
その16区分ごとに、やるべきシティプロモーション施策って違うんじゃないのというものです
しっかりバイタルサインを確認してから処方しようという考えてみれば当たり前の話。
プロトタイプとしてはなかなか好評でした
これは今後展開して、より洗練させていくので、よろしければお楽しみに。
うちのまちはタイプ10「私のために世界はあるの」型だ、とすると、これが大事だなとか。
これは、もともとは神奈川県大学政策提案事業なるもので私が提案し、採択を受けて実施した研究及び政策提案ですな。
神奈川県によると、協働事業とおっしゃっていたような。
私の研究は基本的に歩き回ることなので、この16特性を発想し、裏打ちするために、神奈川県内自治体、県外自治体として国内他県自治体、海外自治体、さらに学会参加をして、ぐるぐる話を聞いてきました。その成果がある程度出たので嬉しい限り。
  1. 2017/03/23(木) 22:36:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<まんなかながわ | ホーム | 山梨県甲斐市>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1395-c52b8f76

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search