河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

 Mainichi INTERACTIVE Mail

 毎日新聞が親元のMainichi INTERACTIVE Mailというメルマガを購読している。そのなかで、今日付けの記事は「ほぉ」と思った。内容としては堀江社長支持というもので、論拠もしっかりして、私の思いに相当近いところもある。しかし「ほぉ」は、その内容ではなく、別のところにある。この記事の筆者である柴沼均氏が、「本欄でも位川一郎(経済部)、渡辺雅春(社会部)の両記者が相次いで堀江氏の姿勢を批判した。しかしそれを読んで私は違和感を抱いた。」と、書き、意見を展開している点だ。
 私も位川氏、渡辺氏の記事は読んでいて、「『Mainichi INTERACTIVE Mail』は堀江社長にそうした意見を持っているんだな」と判断していた。
 ところが、おそらく同じ毎日の記者である柴沼氏が、同じ「Mainichi INTERACTIVE Mail」という媒体で、意見の相違をおおやけにしながら記事を書く。これにはとても興味深いものを感じた。たとえ柴沼氏が外部ライターであったとしても、印象はそうは変わらない。同じ媒体で筆者同士が議論するような雰囲気はなかなか「ほぉ」だ。もちろん好印象という意味で。
 もともと毎日新聞は記者の個々の意見を大事にしている印象を持っているが、メルマガ、Webという媒体で、より、その方向性が強くなっているのかもしれない。
 単に伝達の道具ではなく「場」としての機能ももつ、このメディアに座布団一枚。
  1. 2005/04/06(水) 22:41:13|
  2. 読んで,書籍・・・|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<巡航速度へもう一歩 | ホーム | 新年度>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/139-cfe955cd

毎日新聞記者がイタイこと書いとる

まずは、こちらをご覧下さい。 ・記者の目:堀江氏批判に反論 柴沼均・デジタルメデ
  1. 2005/04/07(木) 17:11:47 |
  2. 創難駄クリキンディーズ2004福岡

キター??イタイ記事書いとった毎日新聞記者柴沼均氏を名乗る人が、当ブログにコメント書きこみしとる!!

4月7日に、『毎日新聞記者がイタイこと書いとる』ってのを書きましたが、9日午前1
  1. 2005/04/09(土) 08:11:58 |
  2. 創難駄クリキンディーズ2004福岡

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。