河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ノードとパスでまちの雰囲気を可視化する

先週末から今日、月曜にかけて、公共コミュニケーション学会理事会@新橋、エディラボ@御茶ノ水、業績評価資料作成@研究室、弁当及び朝食製作@自宅浜松、新たな出版に向けた打合せ@飯田橋、広報誌編集委託先プロポーザル審査@杉並、ヴィクトリア女王御用達ロイヤルロッホナガー@中野サウスパークと、ぼちぼち動く。
あわせて『熊と踊れ』(ルーストルゥンド&トゥインベリ)及び『世界』3月号読了。
その間、折に触れ、考えていたことが「まちの雰囲気を可視化する」ということ。
それぞれのまちに、それぞれの雰囲気がある。
表参道と原宿は違うし、海老名と厚木も違う。高円寺と吉祥寺は違うし、藤沢と平塚ももちろん違う。
これらの雰囲気の違いを可視化し、説明可能にすることで、それぞれのまちの強みや「誰にとってしっくりくるまちか」を明確にする。
これによってまちの強みを伸ばしていく、魅力訴求ターゲットの的確な設定を行っていく、ことが可能になるんじゃないか。
これまで、それぞれのまちのなかに生起しうるそれぞれの物語を掘り出すことで、可視化に向けた作業を行ってきたが、それをもっと発展させる必要がありそうだ。
高円寺で起こりうる物語と、吉祥寺で起こりうる物語は、どのように違うのか。
人、所、事、物、過去というまちの魅力を結び目(ノード)として、それらのノードがどのような距離、頻度、強弱で繋がっているのかいないのかという経路(パス)分析を行うことで、まちの雰囲気が測れるのではないかとか。
まだ、夢想だけどね。

それをどう可視化するか。ネットワーク論で解けないかと。
重層化による地域のありようについての研究を池袋を舞台に学生がやっているので期待
  1. 2017/02/27(月) 23:11:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<富士市で | ホーム | 地域プロモーション・地方創生セミナー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1386-82563095

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。