河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

北海道に来ております。

北海道に来ております。
泊は札幌。仕事は苫小牧。
前泊したので、札幌のギャラリを2軒。中島公園のト・オン・カフェと創成川通りのクラークギャラリー+SHIFTをまわる時間があった。
ト・オン・カフェでは齋藤華奈子展。大まかなパターンの色画面に、薄い紙なのか布なのか半透明の覆いを被せ、覆いに小さめのパターンを描くことで、重なったモチーフが見えてくる作品が面白い。
トオンカフエ自体もアート好きには好もしいだろう空間。金魚鉢の金魚がゆっくり回りながら泳いでいる姿がレンズのように大きくなったり小さくなったりして見える様子が不思議だった。マスターも雰囲気。
クラークギャラリー+SHIFTでは澁木智宏個展「線分」。写真の枯山水のような作品は、実は全てウールでできているという不思議。
いろいろと解釈は可能だが、まずは驚いておこう。
苫小牧は、3年連続の職員向け広報研修。これ自体にも一定の意義はあったが、担当課の皆さんとの意見交換が有意義。
お造り他も誠に美味しく。
苫小牧が「見えない」状況をどのように課題解決していくかを熱心に語り合う。
苫小牧は、スポーツを中心にしたアクティブな女性を幸せにできる町なのではと提起。
今後の展開が興味深い。
  1. 2017/01/16(月) 20:16:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<銀座へ | ホーム | ドローンを利用した地域づくり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1366-32df273f

河井孝仁

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。