河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

創造都市とシティプロモーション

昨日は新年のお茶を実家でいただいた後、毎年恒例の新年会を帝国ホテルで。ここに泊まることは一生ないと思うが^^;
10年ぐらい続いている集まり。多様な知性があって魅力的。1年に1回しか会わない方も少なからずいたりする。
今日は、国立科学博物館でラスコー展、国立西洋美術館でクラーナハ展、常設展をはしご。
ラスコー洞窟の壁画、知ってるようで知らないことがたくさんあって面白い。
アニメの原初的形態かもとか。
新年運試しでガチャガチャしたところ、希望のトリ人間ピンバッジに当たる!
今年は運がいいかも。あるいは使い果たしたのか。
クラーナハの描く女性の怖ろしい蠱惑。
何人かの女性が描かれている時に、場面とはズレて、こちらを見ている女性の目線が誘惑してくる。
で、私はふらふらと…。
来年の研究休暇では、創造都市とシティプロモーションについて、ちょっと考えてみたいと思っている。
フロリダが言うようなクリエイティブクラスが集積している都市ということではなく、地域(まち)のアトモスフィアを創るクリエイティビティとは何かを改めて考え直す。
一方でアトモスフィアへの異論存在の可能性をどう残すのかという視点も必要になる。異論が抹殺された地域(まち)はしなやかでもしたたかでもなくなるだろうから。
  1. 2017/01/03(火) 20:01:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<新年最初の出校 | ホーム | 広報担当課のメインタスク>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1359-908f0783

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。