河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ソーシャルネットワーク時代の自治体広報』

羽田空港から福岡へ着いた。
明日朝に五島・福江に。
今日は那須塩原のAさんが、受託された団体代表の方と、わざわざ研究室に来訪され、私がアドバイザー役?、監修役?を務めるシティプロモーション事業の打ち合わせ。
多くのアイデアも生まれ、今後の展開が楽しみ。
午後はWebメディア論。ケースワーク的な内容にして、ワイワイできた。
で、そこから羽田を経由して福岡へ←イマココ
ところで、出版社のぎょうせいから12/16に発刊される、拙編著の『ソーシャルネットワーク時代の自治体広報』の書影が明らかに。
うぁ。この表紙のフォントとか……これ、怒られるやつだ。
気持ちを立て直し…この書籍は、私は水先案内を務めているだけで、多くの畏友を執筆者に迎えている。
自治体広報・シティプロモーションのトップランナー、若手研究者、メディア企業、NPOの代表、広報戦略の専門コンサルタント、全国の自治体広報を総覧する方などなど。
現在の自治体広報を語る際には外せない人ばかりである。
SNS活用、紙媒体、動画、キャラクター、シティプロモーション、マイ広報、マイナポータル、広報評価、広報戦略、市民参画、官民連携…
自治体広報のさまざまな側面を、ソーシャルネットワークという視点を踏まえて、縦横に書かれている。
その意味で、Amazonの情報に目次や執筆者がないことは致命的。(>_<)
この本は執筆者群の魅力によって売れる本のはず。
そのあたり、ぎょうせいに改めて伝えるが、広報に関心のある方は、拙単著『シティプロモーションでまちを変える』ともども、手に取られることを期待する。
  1. 2016/11/23(水) 23:59:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<公共コミュニケーションにおける萌えキャラ炎上 | ホーム | 静岡県菊川市に>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1336-623a8ea2

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。