河井孝仁のシティプロモーション日記とか

日本広報学会研究発表大会

新千歳空港から羽田着。
今は品川駅。
日本広報学会研究発表大会が北海道大学で開催されたので、二泊三日で参加してきた。
発表は口頭が一本、ポスターが一本。
「地方創生に向けたシティプロモーション成果指標の提案-シティプロモーション事例分析研究会の経過から」「公共コミュニケーションを担う人材育成」
発表もさりながら、学会がソサエティであるというのは、私が公共コミュニケーション学会とは異なる意味でメインにしているこの日本広報学会の研究発表大会で、十分に思うところ。
多くの知己との議論や社交によって得るものも多し。
聴くことのできた発表では、企業や大学での理念浸透という考え方が、シティプロモーションにおけるブランドメッセージの市民による当事者化と重なって、自らの専門領域の深化に繋がりそうなことは収穫。
また、公共コミュニケーション学会の研究領域にもなりうる病院広報についての知見や知己を得られたのも成果となる。
一方で国家ブランドという考え方の限界も思いやることにもなった。
野口さんの口頭発表「現代的行政広報とは何か」は今までの行政広報研究のサマリーとして多く勉強になった。
まぁ、札幌に行ったわけだが、当地のサッポロクラシックビールをホテルの部屋と空港のラウンジで何本か飲んだ以外は、
28日深夜入りで、昨午前は来月半ば以降の研修資料を数本作り、そのまま北大へ一路、学会後は懇親会もそこそこにホテルの部屋に戻り、出版社からなんとホテルに送られてきた『シティプロモーションでまちを変える』の再校を夜中の1時過ぎまで専ら行うという体たらく。
今日は本来は昨日すべきだった発表のポスター貼りを8時過ぎに行い、そのまま非営利組織広報のセッションに参加して、他愛もない質問とかを行い、昼はポスター説明員という役回りのくせに、屯しているだけというしょうもない対応。
午後に僅かに市内を巡るも、それもそこそこに、結局、北の美味は何も食らわずに、食事のほとんどはローソンで調達したことになるというトホホ状況である。
札幌楽しきかな。
  1. 2016/10/30(日) 23:38:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ポートランド | ホーム | 今日は大学にいる時間が長かった>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1323-09b4f7f4

河井孝仁

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search