河井孝仁のシティプロモーション日記とか

全国シティプロモーションサミット2016

今日は福井県坂井市。
全国シティプロモーションサミット2016。
頭に creating shared value と付いているのが、なかなかに肝。
市民とのshare、企業・NPOとのshare、他地域とのshare。それらによる価値創造こそがシティプロモーションを可能にするとの含意かな。
坂井市長、尼崎市長、弘前市副市長、品川区長、女川町長によるパネルのコーディネート。
楽しかった。
市民による推奨、市外からの関与者の重要性がそれぞれの首長から強調された。
女川町長の、定住人口の重要性もさりながら、女川町を応援してくれる人、支えてくれる人がいかに重要かという問題提起には、女川町長が仰るから、より強い意義がある。
それらはシティプロモーションにおける地域間競争を超えた地域間連携の意義にも繋がる。
また尼崎市長の、基礎としての市民の力を大事にしつつ、どう訴求していくのかという提起には、私としてはメディア活用戦略モデルで答えたい。
レセプションでは、多くの自治体の方と意見交換ができて、こちらも楽しかった。
新たな展開も期待したい。
また、出席された出版社さんとは、さらなる書籍出版の可能性も議論できた。
まぁ、ぼちぼち。
こちらの出版では、シティプロモーションの守備範囲の明確化とともに、地域を支える人づくりについても、より明確に触れていきたい。
まさに地域(まち)に真剣(マジ)になる人を増やす取り組みとしてのシティプロモーションだから。
しばらく前に示した「地域職人」という発想。地域職人の育つ「花びら理論」も改めて提起してみたいな。

昨日は、研究室に訪問されたベンチャー起業家の方と、とても面白い意見交換ができ、こちらも今後の展開も含め、意義あるものとなった。楽しみ。
  1. 2016/10/26(水) 23:33:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<長崎県五島市 | ホーム | 「シティプロモーション×ICT」からつなげる地方創生>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1320-0a3564b0

河井孝仁

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search