河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日は浜松-東京。新幹線往復。

今日は浜松-東京。新幹線往復。
午前は品川で、西日本某市の広報戦略について2時間弱意見交換。
広報戦略はシンプルでいい。
・広報を①可視化と②行動変容の手法として定義。
・行動変容には⑴行政サービス広報 ⑵政策広報 ⑶地域広報の3つがあると確認。
・①、②⑴、②⑵、②⑶について総合計画を勘案し、定量的成果指標を明確化。
・この指標を基礎に広報の現状を提示。
・目標年次での達成指標水準を定量化。
・行動変容のためのメディア活用戦略モデルを確認。
・すべての部局で本モデルに従った広報を行うことを提言。
・当該自治体で活用できるオウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアを棚卸。
・全体達成目標と整合性を取りつつ各部局における広報目標数値を設定。
・各部局の目標実現のための広報部局による支援体制の明確化。
これだけ。
あとの具体的なメディアの使い方や、事業ごとのターゲット設定などは、設定した広報目標数値を達成するために、時点時点で適宜、考えればいいこと。
そんなことまで戦略に書いても事情変更についていけない。
事業部局がわからなければ広報部局に相談に行く、広報部局が相談に応じ支援すればいい。
ましてや、アクションプランとかなくて構わない。
昼は、品川駅の港南口から高輪口に移る。西日本の地域紙の方と、地域情報について知識経験あるお二人。私を入れて四人で90分ほど議論。
オープンデータも背景に、さまざまな情報主体が地域情報を次々と投げ入れ、さまざまなステークホルダーが投げ入れられた情報を的確に編集して活用できる「地域情報びっくり箱」構想について考えた。
午後は虎ノ門にて、関東某市のシティプロモーション担当と2時間議論。
・開くことによって誘い込む
・市民や地域のステークホルダーの当事者化が第一
・自分の目標を設定し、その目標実現のために働く。それ以外にはできる限り顧慮しないスルー力の必要性
・本務と支援を弁別し、野放図に守備範囲を広げない
・ブランドを常に見直し、果断に2ndリビジョンに移行する見極め
とか、話したんだったか。
夜は虎ノ門ヒルズ内で、WOMJメソッド委員会。
ネガティヴ情報の拡大に対抗できるブランドアドボケイツの可能性について90分ほど議論。
11/10のイベント時に発表セッションを持つ方向。
とか言う一日。
  1. 2016/09/16(金) 23:52:02|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<宇宙と芸術展 | ホーム | シティプロモーションの目的は>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1284-c9133b65

河井孝仁

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。