河井孝仁のシティプロモーション日記とか

シティプロモーションの成果を測るための一提案

日本広報協会が発刊している月刊誌「広報」2月号に拙稿が載りました。

広がり続ける「広報力」空間-広報コミュニケーションの近未来を探る-という、リレー連載の第4回かな。
私の文章のタイトルは
シティプロモーションの成果を測るための一提案

で、編集部が付けてくれたり、わたしの文章からピックアップして、見出しにしてくれたものを羅列すると
・住民の地域への積極的関与を定量評価
・シティプロモーションは「どうなったら成功」なのか
・シティプロモーションに必要なものは的確な成功指標
○明確な目的のないシティプロモーション施策は成功も失敗もしない。単に疲労するだけである
・地域にかかわる市民を増やすシティプロモーション
・定量的評価としての「修正地域参画総量」を提案
・地域内外にモニターなどを置き施策を継時的に評価
○「修正地域参画総量」を計測することでシティプロモーション施策のPDCAを回すことができる
こんな感じですな。

○は私の文章からピックアップしてくれたもの。そう、流石にいいところを抜いてくれています。
できるだけわかりやすいように、図や計算式例なども書きました。
まだまだ、これからですが、まずは一刺し。
  1. 2016/02/23(火) 23:49:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ペルソナがそのまちで「魅力を生きる」物語 | ホーム | 大阪にて>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1232-8fdae466

河井孝仁

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search