河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京・紀尾井町の都市センターホテルへ。

東京・紀尾井町の都市センターホテルへ。
サンケイリビング新聞社主催の「自治体広報とシティプロモーション〜地方創生の課題に対応して」セミナーに出かけてきました。
港区シティプロモーション冊子『とっておきの港区』、那須塩原市ウエルカムガイド子育て篇。
いずれも興味深く。
特に那須塩原市からの
Akiko Asagaさんによる事例発表では、
視点を変化させるためのメディア、という目的。
売れるコンテンツ→売りたいコンテンツという流れを一つの冊子で実現する手法。
いわばカスタマージャーニーマップを意識し、的確な想像力を基礎に、シーンに施策を組み込むことでターゲットの関心を惹き起こす記事。
最後に至っての「あなたは何にチャレンジしますか」という問いかけによる、読者を受け身の存在から一挙に当事者に転換する圧倒的な力。
など楽しく聞きました。
那須塩原市が、新幹線通勤補助金、三世代定住支援補助金で済ませていたまちだったら、おそらく先はないと思います。
しかし、那須塩原は、そこからまちの多彩な魅力を基礎にした多様な物語を重ねて「チャレンジing 那須塩原-一歩を踏みだす人を応援するまち-」として自らのブランドを設定し、メッセージとしました。
常にチャレンジする人と、チャレンジを応援する人として、市民や関与者を当事者化する仕組みがデザインされたことで、なかなかにしたたかなまちになったと思います。
私からは1時間程度の基調講演。
地域参画総量。インターナルコミュニケーションによる職員を褒める装置、メディア活用戦略など話してまいりました。
  1. 2015/06/01(月) 04:28:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<、午前に那須塩原市でプレゼンテーション研修講師 | ホーム | 今日は公共コミュニケーション学会の総会・シンポジウム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1187-43cad78d

河井孝仁

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。