河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

チェンジメーカー養成講座

3C/4C、ロジックモデル、メカニズム分析あたりは議論してからヨーイドンがよかったかな。
何をしたい、何を解決したいという熱い思いは、とても大事。
一方で、冷たい頭、基礎の基礎的な思考フレームが身についていることも前提となるだろう。

組織を立ち上げるならば、
顧客は誰なのか、どんな特徴を持つのか、何をしたいのか、どのように変化するのか。
競合はいるのか、いないとしたらなぜいないのか、現れる可能性はないのか。
我々のサービスを届けるためのチャネルは必要になるのか、自らが提供することは合理的なのか、自らの弱みを補完できるものは見つけられるのか、チャネルが競合に変化する可能性はどのような場合に生じるのか。
自社の特徴は何か、どんな強みがあるのか、今後の成長余地はどこにあるのか、

それらへの現状観察・時間的洞察があって、はじめて持続的な仕事を可能にする基礎ができ、課題解決にもつながる。
そうしたものがなくて、
なんとかなる、助成金を取れるだろうからできるという話になっちゃうのは苦しい。

どうなったら成功なのかも、十分に定量的に考えにくくなる。
結果として、どれがどうなったらどうなるというメカニズム分析はほど遠いものになってしまう。
KGIもKPIもはっきりしないまま、最初は設定しないとしても、少なくとも、途中のPDCAをもとに設定しようともせずに、動きだしてしまう。
このあたりは、ロジックモデルについて、さらに明確に議論したほうがよかったか。

全体として基盤を造らずに、上屋の話をしちゃったかなと。
あるいは、そうした共通言語がないので、内部での意見交換も散漫になる。

今日は、浜松市のチェンジメーカー養成講座の最終日。
いろいろと楽しいこともあり、成果もあった。
そのうえで、苦い反省もある。
それでも、こうした試みから創発も生まれるだろう。創発が基盤の上に位置づけられていくことへの期待を持って。
  1. 2015/01/31(土) 23:53:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<小田実の「殺すな」について考えている。 | ホーム | けっこう派手に転んだ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1133-42c627be

河井孝仁

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。