河井孝仁のシティプロモーション日記とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

けっこう派手に転んだ

10377381_849443645097929_4239492260798432657_n.jpg

中部国際空港から名鉄、乗り換えて、新幹線で浜松へ向かってる。

昨日の苫小牧市での研修はなかなかの好評であったようで、p(^_^)q
やはり、午前午後かけて、講義・ワークをきっちりやると、学んだ感はあるようだ。
とはいえ、幾つか課題も見つかったので、このあたりは次回に。
何と言っても、市職員の各グループに民間の市民レポーターの方が入り、一緒にできたのが、よかった。チームビルディングもできたし。
苫小牧市職員は笑顔が多いなという印象。元気な職員がいると楽しい。

終了後に意見交換したんだが、いくつか気づきもあった。
広報指針に評価指標を設定することは望ましい。
しかし、目的実現を測る指標や、目的を支える最終アウトカムの実現を測る指標のないまま、個別のアクションについての成果指標だけを設定すると、その指標の「意味」を説明できなくなる。
また、アウトカム指標とアウトプット指標の関係を明確にしないまま、混在させると、事業課の手足を中途半端に縛り、個々の状況に応じた創発力を失わせる。
今後、このあたりの考え方も明確に伝え、意見をもらおう。

今日は午前に、道立近代美術館に。
それほどには著名ではないのかもしれないが、道出身の小谷博貞の展覧会をやっていた。私には好きなタイプの抽象で楽しむことができた。
で、右半身にちょっとだけ違和感が残っている。

道立近代美術館の開館前に、周囲を歩いていたところ、固まった雪に滑って、けっこう派手に転んだ(^^;;
準備中の美術館職員の方が飛び出してきて「あ、大丈夫ですか」と声をかけてもらったほど。
2秒ほど動けなかったし。
とはいえ、大事なく、よかった。

が、今度は展覧会を見終えて、出たところで、もう一度軽くこけた。
本州人が、中途半端な靴で出かけてはいけないのである!
  1. 2015/01/29(木) 23:51:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<チェンジメーカー養成講座 | ホーム | J-LISの調査研究事業>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tacoh.blog12.fc2.com/tb.php/1132-04694ab9

河井孝仁

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

自著(単著・共編著・執筆分担)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。